Soothe 2 のアップデートが出てます

大きな機能追加ではありませんが、プリセット切り替えに際しての機能ロック2点が追加されています。1つはQUALITYを固定することで、再生中にQUALITY設定値がシビアなプリセットに切り替えても急に負荷が増えることがなくなるもの。もう1つはdeltaが固定されることで、再生中にプリセットを切り替えてもdeltaだけを聞き続けることができるもの。
Sootheを使うとき、露骨なノイズもしくはリンギング、レゾナンス、過剰コンプに対してはカスタムでレンジを特定していく使い方になると思うのですが、ミックスバスやマスタリング時、もしくは何だかわからん圧迫感を感じるトラックに対してはプリセットを切り替えてちょうどいいものを探すような使い方になるはずなんで、今回の2つのアップデートは「不慣れだが音の仕上がりにこだわりたい」方をはじめとした多くの方に有用かと思われます。

個人的には、過剰コンプに対してはSootheよりMAATのDRMETER(使い方が少し難しいですが)を使って場所を特定したほうが、好ましい仕上がりになると感じています。参考まで。