🆓 SONICBITS “Sphere”

フリーのプラグインエフェクトを取り上げるの、久しぶり?
SONICBITSというメーカーから Sphere 。

どこをとってもシンプルで無難で、もし初心者の方にリバーブの無償プラグインエフェクトを勧めるとしたらこれだろうなという感じ。
なんか見た目にRolandのZenologyっぽさを感じますが(Roland Cloud 、機能増強 – makou’s peephole)、カラーリングが似通ってしまっただけと思われます。

先日紹介したAudio AssaultのAural Verb同様、パラメーターをいじったからといって「響き」は変わらず、リバーブの長さや高域の減衰、左右の広がりを調整できるくらいなので、リバーブに一家言あるような人には物足りないと思います。
Aural Verbの記事でも引き合いに出したSupermassive(Valhalla “Supermassive” : フリー配布中 – makou’s peephole)はさすがにValhallaらしいざらついた質感を活かせるものでした。比べたならSphereはクセがなく、それでいてリバーブ感のしっかり残るユーティリティプレイヤーと言えそう。
負荷も抑えめなのでレコーディング時の返し用とか、いよいよトラック使いすぎてヤバいけどどうしてもテイル長めのリバーブを使いたいとか、リバーブのオートメーションをガシガシ書いていくために軽くてしっかりしたリバーブを使いたいとかいうときには、ちょうどいい選択肢になるかなと。

リバーブタイプ(ホール、プレート、ルーム等)は変えられません。便利用の電子リバーブという扱いで考えておくといいと思います。