Play Saturn’s Rings Like a Harp

Astronomy Picture of the Day (APOD)ってサイトは宇宙関連の写真を日替わりで紹介してるのだけど、珍しくインタラクティブなものを載せてますね。
Play Saturn’s Rings Like a Harp
外出先の移動中にニュースチェックしてて見かけて、でも移動中だったので鳴らせず、先ほどチェックし直して「ふ〜ん」ってなりました。
環境によっては読み込み終わるまですげー時間かかります。

もともとは SATURN’S B RING HARP として system-sounds.com で紹介されているもので、マニュアルモードの場合、クリックして現れる惑星探査機カッシーニをドラッグし、輪の模様に応じたハープの音程を鳴らします。
オートマチックの場合はカッシーニがリング上を自走します。
ふ〜む…。

インタラクティブという言葉すら新鮮だった頃、FLASHやJava Applet辺りを使ったこうしたサイトは結構ありましたが、最近見ませんでしたね。
その意味で新鮮ではあるし、昔よりも音は断然キレイ。
実用性を問うてはいかんのだろうなという思いを新たにしました。

他にこのサイトで作られたサウンドにはこのようなものが。

一瞬、ホルスト『惑星』の「戦争をもたらす者」かと思ったけどアレは「火星」だ。そもそもホルストとも関係はないっぽい。
退屈ではあるけど、プログレっぽくて意外と悪くない。

B Ring(B環)とは土星の輪の中でも最も色の明るい部分で、みっちりと輪の隙間が詰まってるらしいです。
B環とA環の間に「カッシーニの間隙」と名付けられた4,700kmにわたる暗い区域があって、隙間のように見えて実は光の影響でそう見えているのだそうな(よく知らない)。

土星の環ができたのは意外と「最近」だった? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

土星の環ができたのは意外と「最近」だった? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

Connect with!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA