【週末雑記】151024

「Cubase Pro 8で始めるDTM&曲作り ビギナーが中級者になるまで使える操作ガイド+楽曲制作テクニック」

僕が以前筆を執らせてもらったLogic本のCubase版。同じくらい、いやそれ以上に濃い内容で、まさしく手取り足取りといった感じ。
著者の高岡さんに初めてお会いしたのは、C社の絡むクラブミュージック系着メロサイトを取り仕切っていたW氏に数年振りにご挨拶に伺った席でのことでした。
その後M3に出展される知人の告知を見て、「もしやあの時の…?」と思ったらまさしく高岡さんでした。面白いものです。
Logic本のあと編集者さんから、あのシリーズでCubase本を書けるイイ人はいないかと相談があって、イイ人という点でいうなら高岡さん以外いらっしゃらないと思ったので、快諾をいただけて本当によかった。

教えてるんでしょ?と言われることも増えた

会社化しないの?と言われることが増えたってのは前に書きましたが、教えてるんでしょ?とか言われることもそういや増えてます。
いずれも(悪い意味ではなく)たぶん一つのネットワークの枝にならないかって言葉の枕みたいなもんなんですよね(そう言ってくれたほうが色んな事情を加味して考える必要がなくて助かるというのも事実ではある)。
会社化はさておき、もう少し演奏感覚が戻して演奏機会も増えたら鍵盤もしくはDTM関係の個人レッスンを始めてもいいかなという気はしてます。
※有能な若手が東京行っちゃって荒野になっている今が機会ではありますし。