【週末雑記】140823

サイン

ツイッターで少しだけ書いたんですが、台湾在住の方からfacebook越しに「サインがほしいなあ」ってメッセージが来たので、送ってくれたらサインして送り返すよって伝えました。
3日くらいで届いてたのだけど、ちょっとこちらMixやら制作やら月次の納品やらでバタバタしてて後回しになっちゃってました。
明日送り返すよ!
で、ポストカード的な印刷物が10枚くらいあって面食らいつつ見てたら全部僕の曲のやん、と思ったら1曲Ruby Tuesdayさんのが混ざってました。

そういや、もう時効かなあというお話が1つあって。
以前Miracleの日本語バージョンの依頼があって、Rubyさんにお願いすればええやんと伝えたら連絡が付かないと。
いや、だったらなおさら承諾もなしに僕が担当するわけにはいかんです…って事態がありまして。
結局どうしてもってことだったので一旦引き受けて、何としてでもそちらで連絡付けて下さいと伝えておいて、でもこういう感じに歌える人いないなあと悩んでたら、ちょうど出入りしてるタレントの娘で歌を歌いたいってのがいるからという話になって、日本語詞出来ましたよーと持って来てもらったら全然英詞の内容踏まえてなかったり、いざ歌ったら「うーん…」って感じだったり、でも断ることもできず夜通しMelodyneで補正したり、やたらローカットされた帯域をFilterでなぞったり地味にエラい目に遭いました。
結果的に使われなかったようなので個人的には非常に助かりました。
地方の業界の暗部を晒すようなもんでしたからね。
一度晒したほうがいいのかもしんないけど。


相場

広島の災害で亡くなられた方々には深くお悔やみします。
ここ数日、札幌も天気が不安定。いまレコーディングで伺ってるスタジオの主さんが身体を患っておられる方で、こういう天気具合が響くと仰ってます。
幼い頃には典型的な虚弱体質の僕でしたが、見かねて親に通わされた水泳のせいか、今はやたら元気です。
ただ、目とか肝臓(たぶん)とか疲労の影響の出やすいところはいまだにダメです。
あと、かつてストレスで身体壊したときの古傷もなかなかダメね。

最近出入りしているスタジオさんに先月頭くらいに「演奏のほうでご協力いただくかも」って持ち掛けられた話、昨日連絡が来て演奏費用の話になったんですが、地元での相場を知らんので一応僕より先にその関係のお仕事されてる方のを目安にして下さいと告げたら、タダでお願いしていたと仰る。
僕らくらいの世代の人がタダで気軽に受けると、僕らの下の世代の人はいっそうお金を頂戴しづらいってのもあるし、好ましくない…。
お金の心配が要らない都合のいい人としての継続的依頼と、お金はかかるけどいい結果を返してくれる人と、それぞれにメリットもデメリットもあるし、クライアントの事情や好みもそれぞれでぶっちゃけマッチングでもあるし、選択肢がもともと少ない”地方”の場合はケース・バイ・ケースである程度シビアに判断していくのが妥当なんだろうと思いますし、そういうの含めてどういう風に考えてどうリアクションしたか経緯をそれなりに見せたいなあと僕は思ってます。
先輩風ってことになるかしれんけど、別に見たくなきゃ聞きたくなきゃ見なきゃ聞かなきゃいいって言葉もあるわけで。