リバーブ多発は2018 AESの関係かあ

なんか最近リバーブづいてんなって話を書いてたら、やっぱり多い。
今年8月に開催されたAESのテーマがSpatial Reproductionだったのが最大の理由っぽい。もちろん個人的に研究した成果がタイミング合ったって人もいるのかしれないけど。

取り上げたものも含めて、機材関連ニュースで見かけたものをいったん整理。取りこぼしあったらすいません。

メーカー、製品名 リリース時期(またはニュースで見た時期) 価格 デモ 備考

今年7月 $79(Macのみ) レビュー » PHYSICAL AUDIO “PA1 Dynamic Plate Reverb” – makou’s peephole

今年10月 $149 $99;10末までの値下げのようだが表示価格未修正 7日間 レビュー » Rare Signals “Transatlantic Plate Reverb” – makou’s peephole

$79; デモのリクエストページ

$129 $79 15日間

20€

$249 $169 14日間

Mac/Win用 $59.99 $29.99、iPad用 $19.99 $9.99

サブスク $14.99 /月、購入 $279 30日間 SSL Nativeに加わる形
要iLok

今年11月 $199 $149 10日間

今年11月 GPL 3.0

今年8月 アカウント登録した上でフリー(寄付歓迎)

※価格は2018年11月2日時点のもの。

僕自身の好みは…定めてません。この音楽にはこれが合うって選べたらいいなとは思います。
判断指標としては粒度と減衰、定位のあり方、原音と残響との融和具合…かなあ。原音が浮いちゃうタイプのリバーブも使いどこ見つけたら大層な武器になりそうですし。

ちなみに以前取り上げたそのPA1は物理モデリングを謳い文句にしていたのだけど、2016年3月の時点でSknoteってとこがVerbtoneっていうやっぱり物理モデリングのプレートリバーブをシェアウェア($29.99)で既に出してたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です