Spectrasonics “Omnisphere” 音色の欠損を補修

Atmosphere → Omnisphere → Omnisphere 2と進化していて、Atmosphere時代のサウンドも引き継がれています。
ただしOmnisphere以降搭載されたエフェクトラックがPresetに組み込まれていたりして、Atmosphereの頃のいい意味で”クオリティ無駄遣い”なサウンドでは無くなっている可能性もあり。

SpectrasonicsのSupport > Updatesを見てみます。

SpectrasonicsのUpdatesページ(login needed)
SpectrasonicsのUpdatesページ(login needed)

Atmosphereのこと

  • Atmosphereの最新はMacで1.2.4, Windowsで1.2。※配布記録割愛
  • 当時の音色データはAtmosphere.datという単一ファイル。
  • アップデータが動作しないこともあるので、サポート外と考えたほうがよい。
  • Macで過渡期にはAtmosphereやTrilogy用のWrapperがあった。
  • Macでは*.datファイルのエイリアスを利用して参照先を変更することができ、Trilogy同様。WindowsではSpectramoveを使用。

Omnisphereのこと

最新版のアップデートはおそらく累積アップデートだと思うのだけど確証がなかったので、Legacyも含めて、配布されているアップデートを古い順に並べておきます。

2009/01/26Soundsource Library 1.0.1
2009/11/09Patch Library 1.0.5
2009/12/31Software 1.1.4c
2010/2/23Software 1.2.0n
2010/3/10Patch Library 1.2.0
2010/5/5Patch Library 1.3.1
2010/5/14Software 1.3.2c
2011/2/28Patch Library 1.5.1
2011/5/10Software 1.5.5e
2011/6/20Software 1.5.6d
  • Omnisphereの最新SoftwareはMac, Winとも2013/12/18配布の1.5.8d、Soundsource Libraryの最新は2009/01/26配布の1.0.2。Patch Libraryの最新は2011/05/10配布の1.5.5。
  • Trilianのデータを開ける。Omnisphereの機能を使ってTrilianのサウンドを鳴らせるので実質Omnisphereから開いたほうが(負荷を考えなければ)便利。
  • Atmosphereから構造が変更されSTEAMフォルダに一切合財放り込まれる。音色データは*.dbという形で幾つかに分割された各単一ファイル。
    • 初期には、STEAMフォルダを初期設定以外の場所に指定しても、アップデータ実行時に初期設定場所にデータがインストールされる不具合があった気がする(不確実;こちら側の環境や手順を疑う余地もある)。
    • AtmosphereやTrilogyの頃のように*.datのショートカット/エイリアスを使うだけではデータ参照先を変更できなくなり、インストールに失敗した話もよく見かけた。
    • Omnisphere 2インストール前に、よけいなSTEAMフォルダがローカルディスクに存在していないか確認しておく必要あるかも。
  • Atmosphereを所有していなくても新たにAtmosphereのデータがSTEAM形式でインストールされたのではないか(不確実)。うっすらとした記憶では、Omnisphereが発売になった数カ月後に提供されたような気も(Trilogyだったかもしれない)。

なお、Omnisphereの6枚のインストーラの中にあるSTEAMフォルダの中身は下記の通り。

Omnisphere 2のこと

どうもCore Library内の一部音色が欠けている気がします。
旧OmnisphereのSoundsource Libraryアップデータを古い順つまり1.0.1、1.0.2と実行した上、改めてOmnisphere 2のData Upgradeを行えば欠けは補修されるかと思いきや、そうもいかない。
うちでは次の段取りで欠損を修復できました。

  1. Omnisphere(と必要ならTrilian)のディスクイメージを取っておく(トータル73GBほど)
  2. /Users/username/Library/Application Support/Spectrasonics
    のSTEAMエイリアスを削除(Preflight Scriptエラー対策;STEAMフォルダの中身は削除しない
  3. Omnisphereをインストールし、全てのアップデートを適用する(Soundsource Updateの1.0.1はエラー出るのでスルー)
  4. (Trilianを使用している場合は)一度DAWを起動してTrilianのSTEAMディレクトリを指定してDAWを終了、TrilianのPluginのみインストールし(Soundsourceのインストールはそのままでは出来ないと思う)、Trilianの全てのアップデートを適用する
  5. Omnisphere 2のアップグレードを実行(Step3, 4など使用していないコンテンツのアップデートは実行しない)、個々のアップデートを実行。もし余計なコンテンツのアップデートをしてしまっているなら、Omnisphere 2使用中に表示されるアラートを無視するか、STEAMフォルダ内のMoog Tributeディレクトリを削除。

インストーラ内に存在するSTEAMフォルダの中身をローカルにコピーして修復しようとする方法はおすすめしません。
どういう処理をインストーラが行っているのか知らないままこれを行うのは無謀です。

「zmapが見当たらない」というアラートが表示されたとき、zmap一覧はOmnisphere 2の商品紹介ページで確認できるのですが、zmapがどのdbに入っているかは不明です。

Keyscapeの場合

Keyscapeの場合は、オプショナル・インストール・ディスク付きのパッケージで購入していれば再インストールしてアップデートすればOK。

インストーラのみの購入の場合、購入証明のメールに記されたコンテンツダウンロードは一回のみなので、そのインストール・コンテンツを保管していなくてはいけません。
保管しそこねていた場合は、購入の証明となるものと一緒にSpectrasonicsもしくは国内代理店(メディア・インテグレーション?)にコンタクトを取りましょう。

うちは、Wing Pianoに対応するzmapが壊れてしまったので、ひとまず初期のインストール・コンテンツから当該のzmapをコピーして上書きしたのちにSoundsourceアップデートを適用してまともに動きました。

Spectrasonics社は、インストール済みコンテンツを修復するプログラムをぼちぼち配布すべき。