GDPR 施行に伴うオプトインの返礼ゲットに軽い落とし穴(解決済)

最近メールが多いなあと思ったら、プライバシー保護を強化する GDPR (EU一般データ保護規則)が5月25日に施行されるのに伴って、Webを通じてサウンド関連商品の販売を行う業者も例外なく対応を進めていることによると見られます。

EU(EEA)に拠点や現地法人を持たない日本企業のサイトであっても、EUからアクセスできる公開サイトに、お問合せメルマガ購読のような名前やEmailアドレスを入力するフォームを設置したり、GoogleアナリティクスやAdobe Analytics(というよりほとんどのマーケティングツール)を一つでも導入しているだけでGDPRの規制対象になる

GDPRとは? Web担当者やWebアナリストはどう対処すればいい? | Web担当者Forum

罰則も強化されているようですね。

特に気をつけなければならないのが、「罰則の強化」だ。以前の法律(EUデータ保護指令)よりも制裁金が高額になっている。制裁金は2種類あり、例えば、「義務があるのにEU代表者を選任しない場合」や「責任に基づいて処理行為の記録を保持しない場合」は、企業の全世界年間売上高の2%以下、または1000万ユーロ以下のいずれか高い方が適用される場合がある。また、「適法に個人データを処理しなかった場合」や「個人データ移転の条件に従わなかった場合」などは、企業の全世界年間売上高の4%以下、または2000万ユーロ以下のいずれか高い方となっている。2000万ユーロは、日本円に換算すると約26億円にもなる。

日本企業も大きな影響を受ける「GDPR」–まずは「対象か」の確認を – ZDNet Japan

【参考】

専門的な話は詳しい人の解説をどうぞ。

We're glad you want to hear from us!

We’re glad you want to hear from us!

本題。
Plugin Boutique, Loopmastersの2社はたしか母体が一緒なのでメールが同じタイミングになったのかな。
と思いきや他にもう1つ、やはり利用者への告知にMailChimpという大手の外部サービスを使っているまた別のメーカーからも連絡が届いていました。
他のニュースレターサービスなんかも続々と連絡メールを寄越してくるかもしれんですね。

さてPlugin Boutique, Loopmastersの2社においては引き続き利用者を囲っておきたいので「ユーザー情報の収集に関してオプトインしてほしい。お礼に商品をサービスする。」とメールに記されています。
Plugin BoutiqueではAir Music TechnologyのHybrid 3、SoundSpotのNebulaをフリーでばらまくとのことで、所望される方は念のためPlugin Boutiqueによる説明(英語)にも目を通し、自分の個人情報を提供するリスクと天秤にかけた上で、オプトインするとよいかと思います。
Coupon Codeは5/31まで利用可能。

せっかくの恩恵に授かろうとしたところ2点ほど注意が必要そうなことに気づきました。

  • 送られてくるCoupon Codeは、この2つのソフトを入手する際に一度に適用できないっぽいので、1つずつ手順を踏んでいく必要があるっぽい
  • Plugin Boutiqueサイト上のHybrid 3ダウンロードエリアでは、ダウンロードリンクを示す画像がGoogle ChromeやFirefoxじゃ表示されないようなので、Safariなり何なり別のブラウザで開いたほうがよさそう

Plugin BoutiqueにおけるAir Music Technology商品のダウンロードエリアは特にログインも要らないページのよう(って書いた大丈夫かな? URLは伏せておきます)。
なので、Google Chromeでダウンロードできなくて「ぎゃー、最初からSafariで開いとけばよかったー!!」的などん突きに陥ることはありません。ご安心を。
追記:現在は修正された模様。

補足として軽くレビュっておきますと、
Air Music TechnologyのHybrid 3はUIもサウンドも一昔前って感じですが、Access Virusの簡易代替品とでも見なせます。少し味の違うSuperSaw的サウンドを使いたいと思ったら重宝するんじゃないでしょうか。
一方SoundSpotのNebulaは買う価値ゼロです。Logic Pro Xユーザーなら先のアップデートでNebulaより数倍優れたStep FXってのが備わってますからね。

We'd love to stay in touch...

We’d love to stay in touch…

Loopmastersのほうも、同様にGDPR施行に伴う個人情報の収集へのオプトインを求めるメールを寄越していて、オプトインしてくれたら全商品20%オフと。
こっちに関しては僕のほうじゃ動作確認してないので、落とし穴があるかどうかわかりません。

いずれにせよ、一度オプトインしたら二度とオプトアウトできないという仕組みではないとのことなので、オプトインするかどうかの選択については利用者側が極端に神経質になる必要は今のところないと思います。
ただまあ伏せておける個人情報は伏せておくに越したことはないので、既述のように自分の個人情報を提供するリスクと天秤にかけた上で判断するとよいかと思います。

【参考】