たまにスクショでも

今年はなんだか演奏のほうもお話多いのだけど、6月は学校がイベント事でお休みってことで、6月は結構ヒマなんですと言ったら、急に月末にだばだばっと重なり合うようにご依頼などいただいてました。

大丈夫そうな範囲でスクショ晒します。

映像向けBGM

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(ニューエイジ系アコースティック調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(ニューエイジ系アコースティック調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(ニューエイジ系アコースティック調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(ニューエイジ系アコースティック調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(ベタなテクノ調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(ベタなテクノ調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(ボサノバ調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(ボサノバ調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(ロック調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(ロック調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(スムースジャズ調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(スムースジャズ調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(R&B調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(R&B調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(ジプシースウィング調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(ジプシースウィング調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(Timba調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(Timba調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(フリー素材っぽい安いボサノバ調)

札幌ファクトリー25周年映像向けのBGM(フリー素材っぽい安いボサノバ調)

自身でボツにしたのも含めるとほかに数曲。
映像がまだ出来上がってなかったので絵コンテ見ながらディレクターと打ち合わせて、穏やかそうなのを幾つかと、少し濃い目なのを幾つかスクラッチ作りました。作り込みすぎると面倒なので、全体像が見える程度に。
ベタに、軽いテクノチックなもの、アコースティックなもの、90年代っぽいロック調、ボサノバ調、西海岸のミドルテンポのフュージョン調、ジプシースウィング調、ラテン(Timba)調あたりが「午後/昼下がり」っぽいかなってことでザクザクと。
アコースティックなものは少しニューエイジ系に寄せてあり、90年代っぽいロック調とフュージョン調は制作スタッフの世代に合わせてあります。ジプシースウィング調はビストロスマップ的なニュアンス(初めてマカフェリのギター音色でソロを打ち込んでみた)。ラテン調はLogicのホンセクを使ってみたのだけど、処理が追いつかなくて途中から音が鳴らなくなるというとんでもないデモだったんでチョイスされなくてよかった。
実際に使ったのはここから3つ。

小児向けゲームBGM

小児向けゲームBGM(リズムループ+シンプルなオーケストラ;緊迫感寄せ)

小児向けゲームBGM(リズムループ+シンプルなオーケストラ;緊迫感寄せ)

小児向けゲームBGM(リズムループ+シンプルなオーケストラ;勇壮感寄せ)

小児向けゲームBGM(リズムループ+シンプルなオーケストラ;勇壮感寄せ)

小児向けゲームBGM(昔よくあった、オルガンがメロディー取るやつ)

小児向けゲームBGM(昔よくあった、オルガンがメロディー取るやつ)

小児向けゲームBGM(ビッグビート+レイヴ)

小児向けゲームBGM(ビッグビート+レイヴ)

小児向けゲームBGM(ファンファーレからのオーケストラ;淡白気味)

小児向けゲームBGM(ファンファーレからのオーケストラ;淡白気味)

小児向けゲームBGM(大きめファンファーレ〜オーケストラ+4つ打ち;祝福寄せ)

小児向けゲームBGM(大きめファンファーレ〜オーケストラ+4つ打ち;祝福寄せ)

モノラルでループ再生という仕様下。もう2,3曲作るつもりだったけどさすがに時間が足りず決め打ち気味になりました。
先ほどの映像向けBGMに比べ、どこかで聞いたことある風にするのと、そんなに耳に残らない風にするのがキモなので、音色はベタにベタに。

通常曲

引き継ぎ制作

引き継ぎ制作

ご指名の制作(歌入れたら昔のELTっぽくなった)

ご指名の制作(歌入れたら昔のELTっぽくなった)

ゲーム主題歌の引き継ぎ制作と、けっこう前にご指名いただいて制作していたもの。
引き継ぎのはドラム以外ほぼ全て打ち込み直し。宣伝用の短縮版もこのあと制作したのですが、フル版であまり凝った作りにすると実は短縮版作成時に案外大変なことになる(典型的な例はうねり系エフェクトの開始位相が合わなくなるとか)ので、よけいなことしなくて正解でした。
ご指名受けた曲のほうは「急がない」と言われつつも「やらなきゃ」とずっと思ってて、7/10にやっとレコーディングできました。が、いま演奏活動のほうが立て込んでてミックスまで辿り着いてません。
んで、この日記書いてる間にまた1件ご相談があって「ぎゃっ!」て思ってるとこ。もちろん有り難いお話であることは言わずもがな。
幸いこの間の火曜で学校の夏休み前の授業は終わりなので、いま作業してる分の納品が済んだらミックスに取り掛かります。

たまにスクショでも” に対して1件のコメントがあります。

  1. kio より:

    参考になります。
    マスタートラックはオゾン?のみなのでしょうか?

    1. makou より:

      Audio UnitsのGraphic EQを挿した上で、自分用に調整したOzoneを挿すのをテンプレにしていて、
      必要に応じて調整用の何かしらを追加で挿すことがあります。
      制作中は自分のストレス軽減のためOzoneをオフっとくことが多いです。
      マスタリングは別途Studio Oneで行なっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です