🆓 Presteign Sound Labs “Macro Multi-model Synthesizer”

CDMで取り上げられてました。Reason(およびReason Rack Plugin)ユーザー向けに、複数のエンジンを搭載したシンセ、 MACRO がフリーで配布されています。

CDMで解説されているとおり、Mutable InstrumentsのPlaitsの(非公式な)移植版で、複雑で手に負い切れなかった機能がバーチャルインストゥルメントとして扱えるようになったってとこがポイントです。PlaitsといえばArturiaのMicroFreakの中にも見えるエンジンであり、「おっ、これは」と感じる方も多いのではと思います。

高度な物理モデリング音源というわけでなく、シンプルで粒立ちのよい良質なシンセという感じ。