Pornofonic “The Klusterkitt Bundle” Review 💭

ornofonic “The Klusterkitt Bundle”。ご提供いただきました。

pornofonic Instruments
pornofonic Instruments

メーカーサイトでは定価$119を$49のセール中。
Audio Plugin Dealsでは6/23まで$34.99のセール。
※金額を選択してググると日本円への換算結果が表示されます。
※Audio Plugin Dealsでのセールは終了しました。

Konstruktor, Fabrikator, Rezonatorという3つがセットになったKontaktライブラリーで、6/10から23までの間、Audio Plugin Dealsでセールとなり、通常$119が70%オフで$34.99になるとのこと。

ちまちまNKIを開かずともSnapshotからプリセットを読み込めるなど、仕組みの面で参考になるとはいえますが、正直、それ以上のものはありません。
素材のバリエーションは決して少なくないけれども、クオリティ的には驚くようなものもなく、まとまりに欠ける印象すらあります。
使う場面ないな…。

自分もKontakt用音源を作ってみたことがあるので、こうしてパーツを配置するだけで面倒ってのはよくわかりますし、少しでもそれにかけた時間を労賃として回収するために割高になってしまうのも理解できます。
文字も6ptくらいまで小さくした上で画像の中に入れ込まないといけませんしねえ…(絶対ではない)。
フリーでばらまく方も大勢おられますが、それらと比べれば労力が感じられますんで、いや、それでも自分の感覚だと3つで3,000円が払える金額かなあ…。
この間のレビューと同様(モブ音源としての Initial Audio “Sektor” Review 💭)セール価格で釣り合うってのは、気持ちとしては心苦しいのですが。

蛇足ながら、ビジュアルを整えるとがぜん素晴らしい製品に見えてくるのがKontakt音源の”説”で、たとえばエフェクトって結局Kontaktにもともと備わってるものを使うことになるんですけど、下に挙げたImpact Soundworks “Django”と8Dio “1971 Estonia Grand Piano”のようにデザインされると「おっ! どこかしらの折り紙つきの音が出るのでは?」と思っちゃうんですよね。

Impact Soundworks "Django"と8Dio "1971 Estonia Grand Piano"
Impact Soundworks “Django”(レビュー)と8Dio “1971 Estonia Grand Piano”(レビュー)

だましが利くって言うと語弊ありますが、エフェクター等の絶妙な設定値で聞かせる奇跡的に上質な音色が製品に入っているとしても、先ほどの見た目だと「ふ〜ん」で終わっちゃって凄さが伝わらない(自戒を込めて)。
そうするとやっぱりそっけない見た目だと損をしてしまうんですね。
「この製品のこの音色が奇跡的な設定で作られていて凄い」とユーザーに宣伝してもらえることもめったにありませんから。

これはもう、どうかしてる例。Whoosh Machine - FX Generator for Kontakt
これはもう、どうかしてる例。Whoosh Machine – FX Generator for Kontakt

逆に、見た目が凄そうなのに買って使ったらそうでもないってのも結構あります(上のスクショのがそうというわけではない)。
最近レビューに重点置いてる理由の一つはそこ。程度が酷いものがあれば共有したほうがいいかなあ、ってね。

70% off Klusterkitt Bundle by Pornofonic - Audio Plugin Deals 〜190623
70% off Klusterkitt Bundle by Pornofonic – Audio Plugin Deals 〜190623

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。