音作りの記録 aka お勧めプラグイン

2014年に初稿したためましたが、改めて私見でまとめ直しました。
サウンドメイク( sound making )上、使用価値が高いと感じたプラグインソフトのまとめ。
言うまでもありませんが、僕が使ったことないものについてはわかりません。

■音源編

■シンセ音源:アナログ

Twin [Fabfilter]

Fabfilter : Twin

Fabfilter : Twin

用途
Retro
品質
負荷
使用価値
C+
コメント
アナログ、Sync、PWM。フィルターの出来がいい。独特なUIに戸惑うことも。Sample&Hold可能。ノイジェネ搭載。

Cypher, Cypher 2, Strobe, Strobe 2 [FXpansion]

Fxpansion : Cypher

Fxpansion : Cypher

Fxpansion : Strobe 2

Fxpansion : Strobe 2

用途
Retro, Disco, Wave
品質
負荷
使用価値
B-
コメント
アナログ、Sync、FM、PWM。フレーズシーケンス可能。EGのタイムが細密。ノイジェネ搭載。

Sylenth1 [Lennar Digital]

Lenner Digital : Sylenth 1

Lenner Digital : Sylenth 1

用途
Trance, Progressive House
品質
負荷
使用価値
C
コメント
アナログ感が好きな人向け。フレーズシーケンス可能。ノイジェネ搭載。

■シンセ音源:ウェーブテーブル(Wavetable)

Massive [Native Instruments]

Native Instruments : Massive

Native Instruments : Massive

用途
EDM
品質
負荷
使用価値
A
コメント
数値入力できない。EDM作らないなら必要なし。フレーズシーケンス可能。ノイジェネ非搭載(NoiseとあるのはPCM)。

Serum [XferRecords]

XferRecords : Serum

XferRecords : Serum

用途
EDM
品質
中高
負荷
使用価値
A-
コメント
Wavetable、アナログ、FM、AM、PM等。EDM作らないなら必要なし。発音時のノイズが気になる人にはお勧めしない。フレーズシーケンス機能弱し。ノイジェネ非搭載(NoiseとあるのはPCM)。

Spire [Reveal Sound]

Reveal Sound : Spire

Reveal Sound : Spire

用途
Progressive House
品質
負荷
使用価値
B
コメント
Wavetable、FM、アナログ。EDM作らないなら必要なし。オシレーター周りがわかりにくい。フレーズシーケンス可能。

Razor [Native Instruments]

Native Instruments : Razor

Native Instruments : Razor

用途
Electronica
品質
負荷
使用価値
C
コメント
要Reaktor。金属的な鋭い音の作成に向く。LFOの自由度低い。

Icarus [Tone2]

Tone2 : Icarus

Tone2 : Icarus

用途
Techno Pop
品質
中高
負荷
中低
使用価値
B-
コメント
オシレーター波形や加工手法が膨大だが、出音のバリエーションを出しにくい。アルペジエイター内蔵、フレーズシーケンス可能。

■シンセ音源:その他

ElectraX, Electra 2 [Tone2]

Tone 2 : Electrax

Tone 2 : Electrax

用途
Techno Pop, Chiptune
品質
負荷
使用価値
B+
コメント
ステレオ感、重厚感を出しにくい。低負荷でSuperSawを鳴らせる。

Alchemy [Camel Audio → Apple]

CamelAudio : Alchemy

CamelAudio : Alchemy

Pluck Sound Making on Alchemy 01

Pluck Sound Making on Alchemy 01

用途
Drone, etc.
品質
中低
負荷
中高
使用価値
C
コメント
音質よくない。音探しにくい。音作りにくい。ただしLogicとの統合性高く、ここぞという存在感あるサウンドは出せると思う。アルペジエイター内蔵、フレーズシーケンス可能。

Iris, Iris 2 [iZotope]

iZotope : Iris

iZotope : Iris

iZotope : Iris 2

iZotope : Iris 2

用途
Drone, Electronica
品質
負荷
使用価値
C
コメント
素材次第でオリジナリティの高い音を作れる。音作りに結構時間がかかる。

Omnisphere [Spectrasonics]

Spectrasonics : Omnisphere

Spectrasonics : Omnisphere

用途
Electronica, Wave, Drone, Soundtrack, etc.
品質
中高
負荷
使用価値
B+
コメント
音がでかい。使いこなすまでには時間が必要そう。アルペジエイター内蔵、フレーズシーケンス可能。

選外:

  • Halion : 読み込み重し。Cubase環境下推奨。
  • Absynth, FM8 : 高解像度時代についていけてない感。
  • Korg Gadget : まとめて評するの難しいので割愛。
  • Roland Cloud : Roland好きな人向け。

■PCM(サンプリング)音源:ドラム

BFD3 [Fxpansion]

Fxpansion : BFD3

Fxpansion : BFD3

用途
Pop, Rock, Funk
品質
負荷
中高
使用価値
A
コメント
基本はお手頃価格だが、気に入ったセット見つけるまでに多少投資が必要。キーマップの配置と、自動再生機能が若干鬱陶しい。

Superior, Superior 3 [ToonTrack]

Toontrack : Superior

Toontrack : Superior

Toontrack : Superior 3

Toontrack : Superior 3

用途
Pop, Rock
品質
負荷
中高
使用価値
A- (Superior), B- (Superior 3)
コメント
正直、Superior 3には2までの迫力は無い。音作りに自信がある人向け。

Addictive Drums, Addictive Drums 2 [XLN Audio]

XLN Audio : Addictive Drums

XLN Audio : Addictive Drums

XLN Audio : Addctive Drums 2

XLN Audio : Addctive Drums 2

用途
Pop, Rock
品質
中高
負荷
中高
使用価値
B
コメント
全体的に乾いた音。存在感を前面に出したくないPops向けかも。

Battery 3, Battery 4 [Native Instruments]

Native Instruments : Battery 3

Native Instruments : Battery 3

Native Instruments : Battery 4

Native Instruments : Battery 4

用途
EDM, Techno
品質
中高
負荷
中低
使用価値
B+
コメント
Battery 3と4は別物。全体的に乾いた音。特有のエディット機能やコンプ感で重さを演出したいときに重宝。Logicで使用する際はオリジナルセットを組んだ場合の素材の置き場に注意(Logicの整理機能を使うと素材を処分してしまう恐れ)。

Studio Drummer, Abbey Road Drummer [Native Instruments]

Native Instruments : Studio Drummer

Native Instruments : Studio Drummer

用途
Retro, Rock, Metal
品質
負荷
使用価値
B
コメント
要Kontakt。LoFiな音やガレージサウンドを作りやすい。

■PCM(サンプリング)音源:ギター

Real Guitar, Real Strat, Real LPC [MusicLab]

Music Lab : Real Strat

Music Lab : Real Strat

用途
Rock, Funk
品質
負荷
使用価値
B
コメント
操作に慣れるのに若干時間かかる。無難。開放弦を使ったコード・カッティングなどちょっと厳しい面も。

Ample Guitar M, Ample Guitar L [Ample Sound]

Ample Sound : Ample Guitar M

Ample Sound : Ample Guitar M

用途
Folk, Country, Bossa Nova, Fusion
品質
負荷
使用価値
A
コメント
スライドバー奏法があれば文句なしだった。操作に慣れるのに若干時間がかかる。ビブラートが不自由。

Heavier 7 Strings [TBTech]

Three-Body Tech : Heavier7Strings

Three-Body Tech : Heavier7Strings

用途
Metal, Progressive Metal
品質
中高
負荷
使用価値
A
コメント
素の音は地味だがエフェクト後はなかなかいい。7弦あるので低いキーの曲を作る際に手間取らなくてよい。装飾音を簡単に出せるのもよい。

V-Metal [Prominy]

Three-Body Tech : Heavier7Strings

Three-Body Tech : Heavier7Strings

用途
Metal, Progressive Metal
品質
負荷
使用価値
A
コメント
要Kontakt。DTM向きで扱いやすい。独特な操作に慣れるまで多少時間がかかるが、Electri6ityほどしんどくはない。

Electri6ity [Vir2]

» http://www.vir2.com/instruments/electri6ity/

Vir 2 : Electri6ity

Vir 2 : Electri6ity

用途
Rock, Fusion
品質
負荷
使用価値
B-
コメント
要Kontakt。これだけを常時使うならいずれ慣れるが、色んなギター音源と使い分けると頭が混乱する。ビブラートの扱いが面倒くさい。

■PCM(サンプリング)音源:キーボード

Keyscape [Spectrasonics]

Spectrasonics : Keyscape

Spectrasonics : Keyscape

用途
Pop, Latin, Retro, Nu Soul
品質
負荷
中高
使用価値
A-
コメント
くっきりした音。ピアノのリリース音が嘘くさいのでソロピアノにはあまり向かない。

Vintage B3 [Apple Logic]

Apple Logic : Vintage B3

Apple Logic : Vintage B3

用途
Rock, Funk, Soul
品質
負荷
使用価値
A+
コメント
オタク向けと言えるレベルの作り込み要素。オルガンベースの重み、全体の歪み具合はもう一歩だが響きとしては充分。

■PCM(サンプリング)音源:ベース

MODO Bass [IK Multimedia]

IK Multimedia : MODO BASS

IK Multimedia : MODO BASS

用途
Pop, Rock, Funk, Soul
品質
中高
負荷
中高
使用価値
A-
コメント
よく出来ているが複数弦弾くなどアグレッシブな内容を打ち込むにはしんどい。あとPitchBendの開放に難あり。他の音源と異なり奏法をすぐに変えられるのが非常によい。

■PCM(サンプリング)音源:その他

Kontakt [Native Instruments]

Native Instruments : Kontakt

Native Instruments : Kontakt

用途
Orchestra, Horn Section, Drone, FX
品質
中高
負荷
使用価値
A-
コメント
無難に音色が揃っているので初心者にはお勧め。拡張音源の購入にはうってつけ。

Symphonic Orchestra [Eastwest]

East West : Quantum Leap Symphonic Orchestra

East West : Quantum Leap Symphonic Orchestra

用途
Orchestra
品質
負荷
使用価値
A-
コメント
木管楽器のライブラリーに欠けあり。ティンパニの最強打音は随一。操作性はあまりよくない。

選外:

  • Halion : 読み込み重し。Cubase環境下推奨。
  • Trilian : 仕組みの時代遅れ感強まってきた。MODO Bassでいい。
  • Drummer (Apple Logic) : 充分使えるがパーツのチョイスなど自由度が低い。
  • Studio Horns, Studio Strings (Apple Logic) : 充分使えるが信号処理し切れてない問題あり。

■エフェクター編

■EQ、フィルター関係

AUGraphicEQ, AUNBandEQ [AudioUnits]

AUGraphicEQ

AUGraphicEQ

AUNBandEQ

AUNBandEQ

品質
負荷
使用価値
A (GraphicEQ), B- (NBandEQ)
コメント
GraphicEQはエキサイターライクな掛かり方をする。NBandEQは一度使ってみるといいと思う。

 Pro-Q, Pro-Q2, Volcano [Fabfilter]

Fabfilter : Pro-Q

Fabfilter : Pro-Q

Fabfilter : Volcano

Fabfilter : Volcano

品質
中高
負荷
使用価値
B+
コメント
今やふつうになったMS処理ができた。NotchとQが凄まじくよく利く。Volcanoはフィルター動かす用で、フィルタータイプが複数選択できてよい。

Pultec EQP-1A [Universal Audio], Vintage Tube EQ [Apple Logic]

Universal Audio : EQP-1A Legacy

Universal Audio : EQP-1A Legacy

Vintage Tube EQ

Vintage Tube EQ

品質
負荷
使用価値
A
コメント
純正のVintage Tube EQの効きがいいので、UADのPultecは使わなくなった

Mic Mod EFX [Antares]

Antares Tech : Mic Mod EFX

Antares Tech : Mic Mod EFX

品質
中低
負荷
中低
使用価値
B
コメント
EQでは作れない近接効果を作るために使用。

Nectar [iZotope]

iZotope : Nectar

iZotope : Nectar

品質
中高
負荷
使用価値
B+
コメント
とりあえずNectar 2より1。EQに限らず、かなり愚直に効果が出る。うちではたいてい、Melodyne, MicModEFX(微調整)、Nectar、DeEsserの順に挿す。

Speakerphone [Audio Ease]

Audio Ease : Speakerphone

Audio Ease : Speakerphone

品質
負荷
使用価値
B-
コメント
基本的には多目的なコンボリューションリバーブ。最近はほぼ出番なし。

Roth-AIR [Rothmann]

Rothman : Roth-AIR

Rothman : Roth-AIR

品質
負荷
使用価値
B+
コメント
邪道な方法でサウンドのプレゼンスを上げる(参照:Daniel Rothman “Roth-AIR”)。

Soothe [oeksound]

oeksound : Soothe

oeksound : Soothe

品質
中高
負荷
使用価値
A
コメント
出過ぎた成分を叩くのではなく引っ込めるEQ。

Overdrive [Apple Logic]

Apple : Overdrive

Apple : Overdrive

品質
負荷
使用価値
B+
コメント
スルーに近い状態で挿しただけでも高域に元気が出る。

■コンプ関連

※DTM(打ち込み)での使用範囲内でちょうどよくかかるコンプは基本的に存在しないと思ってる。コンプ挿さずにある程度音が整ってることを重視。

Drawmer S73 [Softube]

Softube : Drawmer S73

Softube : Drawmer S73

品質
中高
負荷
使用価値
A-
コメント
輪郭を出すのに使ってる。もっと細かく設定したい気もするが。

Compressor [Apple Logic]

Logic Pro X : Compressor(Classic VCA)

Logic Pro X : Compressor(Classic VCA)

品質
負荷
使用価値
A
コメント
歪ませる目的で使ったりする。味は強くない。EDM系作るならAttack, Releaseの設定値がもう少し細かいほうがいい。

VC160 [Native Instruments]

Native Instruments : VC160

Native Instruments : VC160

品質
負荷
中低
使用価値
B
コメント
アコースティック感を強めに出したいときなど。

OTT [Xfer Records]

Xfer Records : OTT

Xfer Records : OTT

品質
負荷
使用価値
B
コメント
色が付きすぎるのでEDM寄りの路線以外ではエキサイター的に極薄で使う。

Ozone7 Dynamics [iZotope]

iZotope : Ozone 7 Dynamics

iZotope : Ozone 7 Dynamics

品質
負荷
中高
使用価値
A
コメント
マルチコンプとして、これもまた極薄で使う。Attack, Releaseは限りなく速め。愚直にかかる。

■Delay, Echo関連

Stereo Delay [Apple Logic]

Logic Pro : Stereo Delay

Logic Pro : Stereo Delay

Logic Pro X : Stereo Delay

Logic Pro X : Stereo Delay

品質
中高
負荷
使用価値
B
コメント
ざっくりかけたい場合には軽快動作でよい。

Tape Delay [Apple Logic]

Logic Pro : Tape Delay

Logic Pro : Tape Delay

Logic Pro X : Tape Delay

Logic Pro X : Tape Delay

品質
中高
負荷
使用価値
B+
コメント
ざっくりかけたい場合には軽快動作でよい。

Dubstation [Audio Damage]

Audio Damage : Dubstation

Audio Damage : Dubstation

品質
負荷
使用価値
B-
コメント
ダブディレイとしてはよくできてるが、汎用性を問われるとちょっと難しいとこ。

Replika XT [Native Instruments]

Native Instruments : Replika XT

Native Instruments : Replika XT

品質
負荷
中低
使用価値
B+
コメント
色んなタイプのディレイが1つにまとまってていいが、どうも嘘臭さが出るとこだけ気になる。Stereo Widthを調整できるのでとてもよい。

■Reverb関連

Space Designer

Logic Pro : Space Designer

Logic Pro : Space Designer

Logic Pro X : Space Designer

Logic Pro X : Space Designer

品質
負荷
使用価値
B+
コメント
サンプリングリバーブとしてはさほど質が高くはないが、汎用性はある。

Altiverb [Audio Ease]

Audio Ease : Altiverb 7

Audio Ease : Altiverb 7

品質
中高
負荷
使用価値
B
コメント
フリーで高品質のコンボリューションリバーブも今やそこそこの数あるので、わざわざAltiverbに手を出す必要はないかなと思う。

Eos 2 [Audio Damage]

Audio Damage : Eos 2

Audio Damage : Eos 2

品質
負荷
使用価値
A
コメント
基本プレートのみだが、低負荷で高品質なものを使うなら非常によい。

ValhallaShimmer [Valhalla DSP]

Valhalla DSP "Valhalla Shimmer"

Valhalla DSP “Valhalla Shimmer”

品質
中高
負荷
使用価値
B+
コメント
立ち上がりがイマイチ。フィードバックにピッチシフトかけられたり、超ロングリバーブを低負荷で実現できるので、ディープなドローンサウンドやアンビエントものを作るとき、ミックスの湿度が高すぎるときなんかに差し替えるとすっきりする。

■歪み系

Bitcrusher

Logic Pro : Bitcrusher

Logic Pro : Bitcrusher

Logic Pro X : Bitcrusher

Logic Pro X : Bitcrusher

Apple : AUDistortion

Apple : AUDistortion

品質
中高
負荷
使用価値
B
コメント
単にサンプリングレートやビットデプスを落とすときにも使うが、少し歪ませて倍音を付加するときやヌケを作るときにも用いる。小数の値を使う必要があるときはAUDistortionを使う。

Clip Distortion

Logic Pro : Clip Distortion

Logic Pro : Clip Distortion

品質
負荷
使用価値
B-
コメント
特定の帯域を歪ませるもので一時はエキサイターじゃ出せない高域補強に用いていたが今はRoth-AIRで代用し、ベースのアンプ歪みを模すのに使っている。

Le456 [LePou]

LePou : Le456

LePou : Le456

品質
負荷
中高
使用価値
B
コメント
ENGLのアンプシミュだがマルチエフェクターを通したライン録りっぽい歪みを作るために使用。LePou製品は負荷が高めなのとレベルメーターがバンバン振れちゃうのでそれが嫌なDTMerは使わないほうが精神衛生上いいと思う。

Saturn [Fabfilter]

Fabfilter : Saturn

Fabfilter : Saturn

品質
負荷
使用価値
B-
コメント
リアリティを求めるってより飛び道具と考えたほうがいい。

その他、Korg Gadgetなど何かのバンドルの一つや、FM8やAbsynthなどシンセの機能の一部としてオーディオ入力に対してエフェクトをかけられるものを試すことがしばしばあります。

■うねり系

モジュレーション系エフェクトは最近めったに使わないのと、これだ!ってものに出会ってません。
特にコーラスで瑞々しさが出るものがなかなか無い。