Nurijoy ‘Beatcraft CYCLON’

150522 記事再統合

パブ

Nurijoy、新規音楽プロジェクト公開予定

-Nurijoy、新しいプロジェクトのティーザーを初公開
-新しい音楽ゲーム、ブランド、シリーズ予告(株)Nurijoy(代表チャ・スンヒ)は、5月6日付で自社の新規プロジェクトのティーザーサイトを公開した。

今回公開されたティーザーサイトは、‘Project 736T’と名付けられた新作音楽ゲームのロゴを正式に公開。謎の数字とキーワードが浮かび上がっていて不安と期待が募る。

Nurijoy関係者は、「Project 736Tのティーザーを初披露でき、嬉しい。国内外トップクラスの音楽ゲームのアーティストが多数参加しているので、新規プロジェクトには期待してほしい。もうじき正式タイトル名とゲームに関して詳細な内容が公開される」と語った。

今年1月、新しい音楽ゲームがリリースされるのではという噂がマニア間でも話題になった、NurijoyとDeNA Seoulとのモバイルゲーム共同開発協約など、多様なジャンルのゲーム開発も活気づき始めている。

DJMAXやTap Sonicなどの音楽ゲームシリーズで有名なPentavision、その主な開発陣で構成されたNurijoyとは「誰もがみな楽しい」という意味で、新たな面白さ、喜び、ハッピーさを盛り込んだゲームを開発しよう、と2013年8月に設立された国内中堅のゲームメーカーである。20年来の国内外ゲーム業界を主導してきた手練たちで構成されている。

누리조이, 신규 음악 프로젝트 공개 예정 | Daum 루리웹

DJMAX 開発スタッフが会社設立。新たな音ゲーが醸成中

(安游オンライン (筆者注:安游=安卓遊戯はAndroid ゲームってことかな?))

音ゲー好きの皆に朗報だ。有名なDJMAXシリーズのゲームメーカーであるPentavisionの面々が近頃Nurijoyという新会社を設立し、新たな音ゲー’Project 736T’の予告をネットに発表した。現在のところ、このゲームは秘密のベールに包まれており、いかなる情報も発せられていない。プラットフォームも謎のままだ。

Nurijoy公式:www.nurijoy.com/
記事のサイト:www.nurijoy.com/project736t/

NeowizがDJMAXの商標を所有しているため、Nurijoyは新たなゲームにおいてDJMAXのタイトルを引き継ぐことはできず、またシリーズの旧曲やパターンも使用できない。だが、開発者である彼らの手にかかれば、全く新しい音ゲーを生み出すことなど造作もない。今わかるのは、ただUnityエンジンがベースのゲームであることと、DJMAX Technika Qのスタッフを中心に開発されていること。半年以内に徐々に内容が明らかになっていく。

DJMAX工作室成立公司 音乐新游酝酿中_安游在线

Nurijoy、BeatCraft Cyclonは11日に登場

누리조이, ‘비트크래프트 싸이클론’ 11일 출시

-音楽ゲーム「BEATCRAFT CYCLON」8月11日に正式リリース
-会員サイト正式オープンとさまざまなイベント進行
-専用アプリは、Googleプレイでリリース予定

(株)Nurijoy(代表チャ・スンヒ)は、自社が開発した音楽ゲーム「BEATCRAFT CYCLON」(以下Cyclon)を、8月11日に正式稼働すると明らかにした。

去る6月音楽ゲームマニアたちの歓喜の中にフィールドテストを進めてきた「Cyclon」は、フィールドテスト時に公開されたモードに加えて、ミッションモード(Club Tour)を追加し、ゲーム内のレベルに応じたさまざまな補償(筆者注:アイテム購入?)要素を追加するなど、より多彩なコンテンツを楽しむことができるようになった。

一方、ゲームの会員サイト(http://www.playcyclon.com)が本日正式オープンされ、さまざまな事前登録イベントが進行される。

また「Cyclon」専用のアプリケーションをGoogle Playでリリースする予定だと明らかにし、ゲームに関連するさまざまな情報やイベントをモバイルでも受け取ることができるようになる。

有名音楽ゲーム作曲家の大挙参加と特典映像に話題を集めた「Cyclon」は、稼働以来、定期的な音源の更新を介してユーザーのニーズを満足させる一方、多様な形態のイベントを企画中だと明らかにした。

作曲家たちが送ってきた特典映像はNurijoy公式のYouTubeアカウント(http://www.youtube.com/nurijoyinc)で確認することができる。 Nurijoyの関係者は「今回のCyclon発売は、その音楽ゲームブランドの最初の起動であるだけに非常に重要な意味を込めている」また「まだたくさん不足だが、今後もユーザーの皆様が楽しくプレイして満足できる音楽ゲームシリーズを引き続きしていくために全力を尽くす。」と伝えた。

누리조이, ‘비트크래프트 싸이클론’ 11일 출시 | Daum 루리웹

Trompe L’œil

Gypsy Jazzスタイル。BPMが当初302でしたが、ジャンルがジャンルですんでね。

実際に使われたのはリミックスっぽくしたもの。

ヒナギク(Hinagiku)

Sara*Mさんに歌っていただいた。
Trance Step(Dubstep由来じゃなくてDrumnBass由来のほう)で作り始めたけど、4曲中1曲くらいは落差のある曲を作らなきゃなと思ったりで、こういう構成になりました。

ロプノール(Lop Nur)

幾つか僕の別名義の過去曲も合わせて提示したところ”Black Sheep”みたいなのがほしいということで半ば急造。
歌詞は2430aさんに泣きつき、ボーカルは最近ご一緒する機会の増えた在札のシンガーである木村留花さん。

Louder

いわゆるシンプルスマートなElectroHouseにしたかったのだけど、そういやこの会社、昔からゴテゴテ装飾させるディレクション多いってことを思い出したので、むやみに色々放り込みました。

One Juicy Step

3拍子のジャジーな感じで、一昨年くらいから試している全音旋法+ディミニッシュ旋法を初めて歌モノで、また初めてシンセ系の組み立てで試しました。

Murky Waters

Future Garageの方向性。久しぶりにこっち系のを作ったら間が持たないでやんの。あとジャンル柄、音ゲー寄りに調整しにくかったですね。
もろもろの加工と方向性とを考慮して、Eclectic Future Garageとジャンルつけてます。Eclecticは折衷って意味で、’00〜’03年ごろに一部で少し流行った、Trip Hopよりも有機的でベッドルーム寄りのトラックを当時まだ健在だったGroovetech社が括っていたジャンル。

コメント

無事、正式稼働と相成りましたようです。うちの奥さんが寝静まってから(映ってはいけないものが映らないように)部屋を暗くして撮影した、僕の恥ずかしい動画メッセージもご覧いただけるようです。
まあコメントの意図はNurijoyって会社名に引っ掛けてます。
Planetboom氏から今日受け取ったメールも、見られて恥ずかしいものではないので、公開します。後ろ暗いとこは何もないですよ的な意味合いで。

Hi. Makou.

How is everything?

Maybe as you know that, yesterday we released your clip and
Today Cyclon has kicked out the world.

Maybe you feelWhen I was editing your clip with your songs, I felt some emotional sense.

And I felt you are really good friends for me.

I remember some words in your clip.
“Nurijoy has just starting point now.”

It’s an honor to start with you.
Thanks again

Talk to you soon.
planetboom

(概訳)

やあ。調子どうですか?
ご存知かもしれないけど昨日君の映像を公開して、Cyclonもスタートしたよ。
君の曲を使用して映像編集してたとき、何だか盛り上がってしまった。
いいパートナーでいられてよかった。
「ヌリジョイはまだ出発点だ」と言ってくれたのが印象的だ。
君とスタートできて光栄だ、ありがとう。
また連絡するよ。

あと、調子に乗って、やったこともない英語スピーチしてみました。こんなことを言いたかった。画面に写っちゃうとマズいもの(他社の開発資料など)が部屋にあるので部屋を暗くして撮影してます。

皆さん、こんにちは。アンニョンハセヨ。MAKOUです。
久しぶりですね。またお会いすることができて嬉しいです。初めてお会いしてから10年ぐらい経ちましたね。
お元気ですか? 僕は…良くはないけど悪くもないです。その辺はまあどうでもいいです。

新しい音楽ゲーム「Beatcraft CYCLON」は、懐かしいだけじゃなく、新しい体験を僕らにもたらしてくれるでしょう。
僕がまだ元気だと報告できたことと、また懐かしい仲間と一緒に仕事ができたことを誇らしく思います。

今回、新しい曲を6曲作りましたが、少し大変でした。曲はそれぞれ違うタイプのものですが、皆さんご存知の通り、僕にとっては毎度のことです。
童謡のようなものや、強いビートを伴ったもの、抽象的な雰囲気とリズム的なギミックが一緒になったものなど色々あります。音楽ゲームは色んな曲があると楽しいと思ってるので(それがイヤだという人もいるかもしれませんが)、それを最優先に考えながら作りました。初めてプレイしてくれる人が楽しめるようにね。なので、僕らや皆さんにとって新しい友達になる人を迎え入れて下さい。このCYCLONの出発においては、僕たち、開発スタッフも作曲家もプレイヤーも、全員揃って「the crew」なのです。
新しい体験を存分に楽しんで下さい。Nurijoyはまだ出発点に立ったばかり。僕達「the crew」だけが、次の一歩を輝かしいものにすることができるのです。

メッセージを見てくれてありがとう。楽しんでね。ばいばい!

ささやかに旧用語Crewと、かつてのシリーズへの提供曲であるVoyageを軽く引っ掛けたシャレを入れてます。だれうま的な。
あと排外的な楽しみ方は嫌いって主張と。

当初プロジェクト参加を打診されたとき国外外注の実験台になってほしいと言われていて、最終的に多くの方の参加に至ったことを心底喜ばしかった。一方、新鮮味のなさも気になりはしました。
旧シリーズのときに若い作り手を紹介したりしたけどあまりいい反応が返ってきてなかったわけですが、今回のご依頼においては制作期間の短さや不透明な点の多さもあって新しい友人知人にご協力をお願いしようというわけにいかなかったのでした。