某所で醜聞?

少なからず接点のある人の出来事をフォロワーさんのツイートで見て、さらに元ツイートにぶら下がったレス等を見て、Oh…となりました。
自分が知っている彼は頭の回転と判断が速く、約束を破ることを絶対に許さない人。ただし一般論として、他人に見せてる面がその人のすべてではないし、それは自分とて例外ではない。

こうした騒動や問題において、どんなに身近な人であっても、どんなに尊敬する人であっても、自分は無条件に肩を持ったりしません。この20年くらいの人生経験で完全にそういう考えになりました。
かといって、剽窃みたいに創作の大前提を毀損する出来事でない限り、その人の作品や業績に対するリスペクトは手放さないし、また事実無根な、あるいは理不尽な誹りを受けている場合には全力で支援に回ります。