新しい SoundCloud

140403記事統合

現在、トラックを上げる人も単に聞くだけの人も含めると1500万メンバーに達するという音雲が次に掲げるのはコミュニティという機能。

おなじみのプレイヤーでもっと作り手と聞き手、あるいは聞き手同士の対話ができるようにだとか、もっと魅力的に見える情報欄とか、reblogやRTならぬrepostによってそのトラックを紹介しやすくできるようにとか、貴重な機会を逃さないためのリアルタイムノーティフィケーションとか、曲が再生し終わっても次々とつながるようにとか、検索機能の強化とか。

これらの機能は少しずつ反映されていき、ユーザーからもその都度フィードバックを欲しているとのことです。

個人的に気になるのはrepostってのが実際に何をどのようにするのかってのと、他のソーシャルネットワークと今後どう絡んでいくのかなって点。

あとVimeoにせよ音雲にせよ良質なコンテンツが上がっていて作り手同士がコミュニケーションを取って技術や知識を深められる場所、すごく有り難いのだけど有用な情報を求めているとはいっても常時貼り付いてもいられないって部分がどういう風に落とし込まれていくのかなと、すごく関心を惹かれるところです。

それと、soundcloudのフォロワー管理機能、もう少し使いやすくなってほしいですね。

New Soundcloud

New Soundcloud

この間、invitation来たのでざっくり試した感想など。

見た目がスタイリッシュな感じになったなあというのが最初の感想。

中央に、twitterやfbでいうTLにあたるところのstreamが表示されてます。
以前のDashboard。
ここ見てればだいたいのアクティビティが済むように仕上げられていくのかなと思います。

以前から比べると誰が作ったかより何が上がっているかに焦点が移った印象ではありますが、一方でユーザーアイコンが大きく表示されることにもなったのでそのセンスの良し悪しも露骨に見えるようになった気がします。
これを機会に、自分が何を作っている、何を好んで聞くのかがわかりやすいアイコンに変えたほうがいいかもしれません。

stream上は、それこそtwitterやfbのTLみたいに、followしている人がアップしたものが上のほうに追加されていく形で更新されていきます。
アクティブな人が多い時間帯だと、「この早さなら言える」という初期のtwitterみたいな、でも自分が作ったものを聞いてもらいたい人にとっては真逆な事態を楽しむことができるんでしょう。

すごい勢いで流れていっちゃうんじゃなあってとこですが、そこがrepostの出番で、これはRTみたいに誰かのアップしたものを時間差ででも自分のTLに流せるというもののよう。
なのでfollower’s followerの目に留まる機会も増えるんでしょうね。
一気にリスニング数が跳ね上がるってことも起きやすいんかも。

TLをsoundcloud内に持ってしまったことでtwitterとの連携はどうなるんだろうかなあと思うんですが、これはまだちゃんと見てないのでわかりません。

画面右側はユーザー一覧みたいな。
最上部がオンラインユーザー。
次にrecent activity、これは最近followしてくれた人の一覧。最下部にsuggested usersで、これは音雲の単体アプリにあったものですかね。

オンラインユーザーが表示されるようになったといっても、chat windowが開くわけではなさそう。
個人的には、たまたまオンラインの人との思いつきコラボなんかにも使えたら楽しいかなって思います(ギャラが発生すること黙ってる場合もあるから、為替的な意味でも英会話的な意味でも商慣習的な意味でもそうそう気軽にお願いできないかなとは思いますが)。

recent activityは、予想通りページ遷移が無くなってfollow backしやすくなった印象。

suggested usersに関しては、たぶん自分がアップした曲につけたタグなり、自分がlikeしている曲のジャンルなりで評価された結果がリストアップされてるんですかね。
この人面白いよって意味ではないと思います。
たまにはそういうのあるかもですが。

アップロード周りはまだ手が入ってないようです。
見た目が変わるくらいかなと推測。

なのでアップした曲なり音なりの属性面での作り手側の戦略は変わらないんじゃないかなと。
いつアップするか、誰にアピールするか、って部分の判断が前よりシビアになったかもしれません(ここに書いた前提が合っていれば)。
この時間帯にこの人が必ずオンラインで何かしらアップするっていう、たとえばそういう印象を地道に与え続けるとか、行き当たりばったりじゃなくて用意の周到性とか嗅覚とかがいっそう問われるようになるかもしれません。

ここら辺のインターフェイスがどう変わっても、初めに何か斬新な面白いことをやった人の後追いが続くのはたぶん宿命的に変わらないとは思います。

あと思ったこととしては、repostって仕組みが出来たことで、不法なコンテンツのアップがチクられやすくなったかも。

それと、embedしやすくなる的なことが書かれてた気がしますが、はたして今embedさせる先ってそんなにあるんだろうかなと。
fbとかtumblrとかですかね。

現段階の感想としてはこんなとこです。