NATA , Focus , Resample など

NATA

Bedroom Producers Blogで、Alter/Egoの新しいボイスが紹介されています(Vocallective NATA Review (Alter/Ego Voice Bank) – Bedroom Producers Blog)。

記事中のConvinceを含めた幾つかの動画で試聴した限り「ダメだけどイイ」っていう絶妙なパフォーマンスだと思います。
誤解のないようにもう少し違う言い方をすると、元になっている声質はすごくいいのに再生するエンジンは生々しく発音してもらうのに程遠い、その「あららら…」って歌い方がとてもイイ。
そのちぐはぐな感じを押し出す曲、欲をいえば「その感じをこういう表現に活かすか、すげえな」って曲を聞きたいですね。
ネットレーベル隆盛の頃はそういうギラギラしたのが多くて面白かった。

Focus

Soundspot "Focus" (Plugin Boutique)
Soundspot “Focus” (Plugin Boutique)

個人的に評価が低いSoundSpotからまた別なプラグインが、なおかつ個人的に評価が低いPlugin Boutiqueから。
これまたやっぱり、このシンプルなものにこの価格はいかがなものかという印象ではあります。

だけど少し思い改めたのは、一定の支持を得ているいわゆるワンノブ・エフェクターの部類に入るので、存在としては否定されるような代物でもないのだろうということ。
Psychoacoustic(音響心理)を深く勉強していなくても、何となくいじれば音の分離がよくなる、っていうのは素敵だし。

試してもいないので負荷計測はしていないのですが、ザクザク挿しても軽快に動くのでれば、自分ならではのサウンドを創り出すためには、性能が優れたものを導入するより好都合かもしれません(ただし、いっぱしのミックスができるようになってから…かな)。

ReSample

ReSample | 2nd Sense Audio - Resample Audio Editor & WIGGLE Dynamic Waveshaping Synthesizer plugin
ReSample | 2nd Sense Audio – Resample Audio Editor & WIGGLE Dynamic Waveshaping Synthesizer plugin

ICONでも取り上げられている通り(新型MacBook ProのTouch Barで波形の操作が行える新世代波形編集ソフト、2nd Sense Audio「ReSample」が販売開始! – ICON)、Wiggleで有名な2nd Sense Audioから波形編集ソフトが登場した模様。

つい最近、Acon Digitalからも波形編集ソフトAcoustica Premium 7のMac対応が発表されたとお知らせしたばかりで、よほど波形編集界隈が未開拓とでも見られているのかなと思いました。

横、最大倍率
横、最大倍率
SRコンバートは、決まったサンプリングレートのみ
SRコンバートは、決まったサンプリングレートのみ
処理一覧
処理一覧
出力フォーマット一覧
出力フォーマット一覧

デモ版を試してみて、デザインがスマートでいいですね。
そのほか、.flacや.oggファイルに対応していたり、32bitのファイルやRAWデータを開けるのもいい。
ノイズリダクションもこの価格の中で使えるのは嬉しい。
とはいえ今のところウチの環境に導入することはないな、そう思ったのは下記の点で。

  1. ショートカットがJISキーボードに非対応っぽい。マウスのスクロールボタンには対応しているっぽい。
  2. 横方向の拡大はできるが、縦方向には拡大できない。
  3. 横方向の表示モードは時間とサンプル数のみ。
  4. 処理のバリエーションはSoundEdit 16に少し毛が生えたレベル。DC除去機能はない。
  5. スペクトログラムは見るのみの目的で、レストレーション用としての役割はない。オシロスコープとゴニオメーターはある。
  6. 出力バリエーションは、サンプリングレートも含め限定的。
  7. バッチ処理は非対応。

日本語メニューも用意はされていません。
当面、DSP-Quattroを使い続けるつもり。