🆓 Muze “DIONYSUS Acoustic Piano” : 多機能だがUIに難あり?

Audio Plugin Deals、どうしちゃったんでしょうか、大盤振る舞いが続きます。
今日からフリーで、Muzeの大容量のピアノ・ライブラリー、 Dionysus Acoustic Piano をバラ撒いてます。
混み合うとダウンロードに相当時間がかかると思うので、頃合いを見図る必要があるかもしれませんね。入手手順は、他の取り扱い製品みたいな面倒な手順不要で簡単。
で、早速ダウンロードして試してみました。

DIONYSUS Acoustic Piano : メイン画面
DIONYSUS Acoustic Piano : メイン画面
DIONYSUS Acoustic Piano : 最近多いマトリックス画面
DIONYSUS Acoustic Piano : 最近多いマトリックス画面
DIONYSUS Acoustic Piano : 機能選択画面
DIONYSUS Acoustic Piano : 機能選択画面
DIONYSUS Acoustic Piano : パノラマ画面
DIONYSUS Acoustic Piano : パノラマ画面
DIONYSUS Acoustic Piano : エフェクトラック画面
DIONYSUS Acoustic Piano : エフェクトラック画面
DIONYSUS Acoustic Piano : センドFX画面
DIONYSUS Acoustic Piano : センドFX画面
DIONYSUS Acoustic Piano : ミキサー画面
DIONYSUS Acoustic Piano : ミキサー画面
KontaktのBatch re-save機能
KontaktのBatch re-save機能

率直な感想として、音は悪くない。フリーのピアノ音源って最近ちょっと手抜きなのが多かったので、目が醒めるような出来と言っても過言じゃないでしょう。マイク・ポジションも多く、ポテンシャルは高いといえます。無料で手に入るのなら見逃す手はないし、この点に関してはまったく文句ないです。
ちなみに大容量なだけにロードにかなり時間がかかりますが、上のスクショの最後にも載せたようにKontaktの「Batch re-save」をやっとけば次回から瞬時にロード完了します(📣Kontaktのバージョンに注意)。

問題は、とっても美しいUIのわりに、わかりにくかったり誤動作っぽいのが多すぎることでしょうか。
1️⃣ マトリクス画面(機能)などに飛び込んでイジってても何ら変化がなく、何でじゃ?と思ったら「Status」って部分をOnにする必要があったこと。ただ、Kontaktのシグナルパスを考えればStatusとでもして機能を担わせざるを得ないのだけど、買って開けば鳴るってのを当然と考える人にとって、この一手間は特殊に映るかもしれません。慣れれば平気ってUIも、善し悪しではあるのですが。たまに話題になる、いま初めてスマホに変えた人はスマホ初期の頃から使ってる人より慣れるまでのハードルが高くなってるみたいな話。
2️⃣ たとえばメイン画面のEQのOn/Offはプルダウン・メニュー内で切り替えられるのに、同じメイン画面のCompressorやLimiterは別の画面に移らないとOn/Offを切り替えられないなど、ほぼ同じ機能が連想式に操作できないこと。改善の余地が残ったままな気がします。
3️⃣ センドFXにChorus、Phaser、FlangerなどのモジュレーションFXがいて、自由な発想をユーザーに与えるにはよいのだけど、センドFXではDry/Wetバランスを使えない結果、エフェクトをOnにした瞬間に音量がでかくなってビックリしてしまうこと。とはいえ、これはそんなに重大なポイントじゃない。FX RackにDry/Wetバランスとともに組み込んで、可能なら並び順を変更できるほうが使いやすいんじゃないかと思います(たしかSoniccoutureだったかのライブラリーが、並び替え機能を実装してた気がする)。
4️⃣ 最後。ミキサーのMuteとSoloの動作、合ってます? MとSのボタンを押すとサンプルをロードしたりパージしたりするようにプログラムされてるようなので(Batch re-save後は軽量動作になるから平気なんですけど)、想定外のものがロードされるのが繰り返されると地味にしんどいです。
もしかしたら、うちの環境が悪さをしてる可能性があるので強くは言えないんですが、壊れることはないにしても少々危なっかし過ぎる印象を受けました。

全体的な動作や魅力は充分にあるので、プログラムミスがあるなら直してもらえたら有り難いです。
ソフトシンセやプラグインと違って、サンプリング・ライブラリーの類いはcheck for updateの仕組みを持つことが極めて難しいので、とりあえずリリースして後で直すって考え方が通用しにくい。どこまでできた段階でリリースするかはシビアな判断になるはずなんですよね。