執筆の打ち合わせ, 独学独習

風邪が流行っているみたいですね。M3前にうちの奥さんが風邪を引いて、M3終わってなお苦しんでます。
もともと夫婦共々呼吸器系はあまりよろしくなくて。ただ僕の場合は小学生時分に水泳習うことで必要以上に(?)丈夫になっていて、それでもウサギアレルギーが発現した時には窒息して死ぬんじゃないかと思わされました。
奥さんはもともと喘息持ち。昨日は、薬の影響か視界が光って見にくいと、まだ寝てる僕に軽くパニック状態で訴えに来ました。近視、乱視、色弱に、近年網脈絡膜症の経験まである僕は視覚の異常にだいぶ鈍いのかもしれないと、妙に冷静に応対する自分に気付きました。

M3翌日の出版社との打ち合わせを踏まえてスケジュールがより具体的に定まりました。発売日予定が来年の1月下旬頃。 辞世の句よろしくアレもコレもまとめて書いているのと、曖昧なことはなるべく書きたくないって目的の資料収集の影響か、時間が不足気味です。
その慌ただしい最中に動作確認を兼ねてMac OSをMavericksにしたら、スクリーンショットを撮るSnapz Pro Xが機能しなかったり、ディスプレイ跨ぎのウィンドウが見切れてしまったり、Audio Unitが初期化されて1からvalidation始まったり、執筆対象のソフトウェアの動作に問題が起きたり、なかなか苛立たしい状況でした。iPhone、iPadの同期内容も書き変わってたり。
たぶん以前書いたと思うのだけど、内外の書物こそ漁ったものの師匠に付いてみっちり教わったワケでなく、良く言えば独学、悪く言えば我流でメソッド積み立てて来た自分みたいな人が誰かを指南する、というのはある種デマを吹聴するようなもので本来望ましくなく、首都圏辺りで標準的に研鑽してきた人が後進の指導にあたるのが理想。
とはいえ打ち合わせのときに聞いてビックリしたお話、成功確率の低いミュージシャンやアーティストとして生きるよりハナから劇伴作家を目指し、それも大手の事務所だと上がつっかえてて大変だから個人の作家さんに弟子入りするみたいな生き方が再度広まりつつあるようで。
師という立場からは程遠いですが、今回の執筆を、自身の我流は我流として(つまり提示しなければ肯定対象にも否定対象にもならないという意味で)世に提示するよい機会と思いたいです。
そんなこんなで濃い部分をようやく乗り越え、執筆は中盤に。一応、ただ書くというのも芸がないので、何年も僕自身言い続けてる「’こうであるべき’って考えは邪魔だけど盲目的に否定するんじゃなくて知った上で突き崩したい」みたいなニュアンスで綴ってます。

11月中は何かとライブづいてまして。有り難いことにM3で東京出張中もお声が掛かりました。
さらに慌ただしい11月になりそうです。
12月は久し振りにザナドゥで真っ当な時間にMeMe8のライブ。

執筆の打ち合わせ, 独学独習” に対して1件のコメントがあります。

  1. ani より:

    はじめまして。
    高校時代,NorthSoundというページを見つけたのがきっかけで,Makouさんを好きになりMakouさんの曲を高校時代ずっと聞き続けていた者です。
    高校1年生の時にMakouさんの曲に出会い衝撃を受けました。ひたすらMakouさんの曲ばかりダウンロードし続けました。友人にも紹介したりしました。
    高校3年生の時に携帯電話を変えてからは着メロは全くダウンロードしなくなり,気付かないうちにMakouさんの記憶も薄れていきました(すみません)。

    あれから7年ほどが経った今日,いや,さっきのことですが,何故かふとMakouさんのことを思い出し,懐かしさに心動かされ,Googleで検索したところこのページを発見しました。
    なんかとても嬉しいです。ただ,好きだった曲も忘れてしまいました(笑)あの,PVみたいな動画もダウンロード出来たあの曲…
    私は今は名古屋でバンドをやってます。Makouさんも頑張ってください。応援してます。

    1. makou より:

      aniさん、はじめまして。
      名前を覚えていただけてるだけでも嬉しいですよ!
      名古屋は一瞬行ったことがあるんですが、知り合いやら多いんですよ。

      高校1年生から7年ってことは、いま大学生ですか?
      今年は思い出してくださる方が他にもいらっしゃって、着メロのこと思い出してブログに書いたんですよ。
      振り返りが始まって、僕そろそろお迎え来る…のかな…w

      PVみたいな動画って何でしたっけね。あ、なんかFLASH動画みたいなのありましたね。

この投稿はコメントできません。