各種ソフトシンセでシンセベル音色を作成

非整数次の倍音が高域でキラキラ美しく聞こえてこそのシンセベル音色はJ-Popやアニソン、ファンタジー系のゲームや映像BGMにとって常套手段ですが、ソフトウェア音源でのシンセベル音色はエイリアシング(折り返し雑音 – Wikipedia)対策がうまく施されてないと使い物になりません。

追記:”エイリアシング”、”サチる”と安易にまとめてしまったけど、予期せぬヘテロダイン(ヘテロダイン – Wikipedia)も含みます。

GlockenspielやCelesteなどアコースティック楽器を単品でサンプリングしたPCM音色をおとなしいアレンジの中で使うなら、そうそう問題も起きないんですが、厄介なのは元気な曲でシンセベル音色を使うとき。心地よい余韻を残すためにはポリ数をある程度確保しないといけない、そうするとフィジカルモデリングみたいなソフトだとポリ数の分だけCPUリソースを食いますし、高域でサチったり無闇にピークが振り切れたりするリスクも高まります。
なので、比較的シンプルな仕組みで、エイリアシング対策がそこそこ為されていて、高域が豊かに発音されるソフトを選ぶ必要があるってことになります。
えっ? 面倒じゃね、それ? ああ、面倒さ!

どういうソフトを使ってJ-Popテイストのものを作ればよいかと聞かれることが時たま(地元で)あって、J-Popテイストのものは習作以外めったに作らないのだけどそれはさておき、ソフトシンセごとの音色の得手不得手を考えたら国産のハードウェアPCM音源を使うのがベストだと答えてます。
とまれ色んなスタイルの曲を作らなきゃいけないときにハードウェア音源だと結線を繋ぎ替えるのも面倒。あるいは雇われの人はハードウェアの購入申請が必ずしも通るとは限らないし、姑息でも都合よくシンセで作れんもんかというのが今日の話。

各音色のパッチ(Dropbox)

Reason

Reasonはエイリアシングを起こしにくいわりに高域がかなりド正直に発音される非常に優秀な音源なので、ベル音色だけのために使用することもあります。

Subtractor+UN-16

ポリ数がMax99で超軽量、コントロール部にプルダウンメニューが無いのに全ての選択肢が画面に収まっている視認性の高さ。パフォーマンスとしても90点あげたい。20番以降の波形がポイント。
ただ僕としては、Reason起動時にイグニションキーが必要になって以降アップデートしてないし、よほどじゃなきゃ起動しません。我が家ではなかなか不遇の扱いを受けています。

Thor

中域を弾いたときにオクターブで聞こえるように組みました。余韻がdiffusionとして散る感じはマルチオシレータで作ったのでリバーブも不要。ただイチから作るのはそれなりに時間かかるので75点。パッチとして幾つか自前の音色を作っておきたいところですね。使用頻度はSubtractor同様に少々哀れ。

Live

Liveの純正音源でシンセベルは正直作りたくありません。

Operator+etc.

金属っぽい音色が得意とされるFM音源ですが、アンチエイリアスかけてもサチる(サンプリング周波数を途轍もなく上げたらどうなるかは不明)ので30点。しかたないのでGrain Delayでdiffusionを付け足してみましたが、金属的なゴージャス感には程遠い印象。

Collision+etc.

フィジカルモデリングを得意とするApplied Acoustic System製のCollisionを使用(Chromaphoneにあたる)。合成精度を下げたMembraneでdiffusionっぽく。アタックと高域の強さを制御するシンドさを考えると60点といったところ。

Logic Pro 9, Logic Pro X

Logicの純正音源はサチりも多少あるんですが何かこう、尻の重い休日のお父さんのような音です。

ES2

基音が出しゃばって、なかなか倍音をおいしく見せてあげることができず。Max16ポリですし、キラキラには向かず、裏メロを任せるなら…。15点。

Sculpture

フィジカルモデリングによる負荷の心配と、Max16ポリという謙虚さ。EnsembleとSpace Designerを噛ませたお蔭で華やかさや美しさはありますが、ポップさに欠け10点。Logic純正の音源やエフェクトでdiffusion効果は出しにくいですね…。あ、AUMatrixReverb試してなかった。

(Lounge Lizard 3)

純正ではありませんが、ここで少し異色な方法を。
Chromaphoneと同じメーカーのエレピ音源Lounge Lizard。Logic純正のEVPではできない、エレピ本体のfork(ベル音色)のみの発音で、かつ内蔵エフェクトで加工しシンセベルっぽく使うことも可能という。HammondでPercussionだけの発音にしてMarimbaっぽく奏でるようなもんですね。なお、Releaseがきかないので、Decayの設定とCC#64のSustainとを組み合わせて制御する必要あり。バリエーションをあまり出せないので55点か。

RetroSynth

4種類確かめるのはシンドいのでWaveTableとFMのみ。ほぼエレピ音色といった感じですが特に工夫しなくても高域が出しゃばる(むしろLPFで抑えてる)上、あまりサチりもないので65点くらいじゃないでしょうか。逆贔屓目というかふだん使いのハンデか、音が硬い印象はありますけども。

Alchemy

PCMは使わない約束なのでVA音色で。
悪くはない。ただ、一枚ガーゼを隔てたような曇り感、音域によってがぜんサウンドが変わるのがネック。50点ってとこですかね。VA音色同士干渉される仕組みだともう少しラクだと思うんですが。

(Tone 2 Electra 2)

最後はまたサードパーティ。満点ではなく、80点くらいですが、起動が早い+制御しやすい+音抜けがいい+すぐ作れる(←慣れたので)って理由で最近よく使ってるTone 2 Electra 2です。

長い記事になるとは思いませんでした…。
最後に書くことじゃありませんが、想定していたベル音色はRolandの音源でかつてよく聞いたFantasia(参考)やStaccHeavenなる、中音域だと尖りがなく暖かみがありつつ太すぎない、高音域だと耳に痛くない程度に抜けがよく甘い金属打撃音を伴ったリリース長めのサウンド。いや、これを両立させる音をぱっと作るにはまだだいぶ経験が必要そうだと思いました。

と、書いてやっと気付きましたが、この手のレイヤー音色っぽいサウンドを好むのは30半ば〜40代かも。それより若ければたぶんDigi-bell(わかるかな…卓球さんじゃないよ)みたいな真っ直ぐな音でも上手く音楽に使っていくでしょうね。

151011追記

話ついでというか。連休かつ、お仕事小康状態のスキにReasonで幾つかシンセベル音色作ったんで共有しちゃいますね。
高域でも極力サチらずに鳴るように組み立ててます。

MakouSynBells.zip

Reasonのパッチと、そこから出力した44.1kHz24bitのループ設定済みWAV、それを組み込んだKONTAKTのパッチ、EXS24のパッチです。

予定では、ループの組み方などというロストテクノロジー解説記事でも書こうかと思ったのですが、説明が必要なルーピングの工夫は今回ほぼないので、まあいいかなと(そもそも今後の自分の制作用の仕込みを共有しただけだし)。

DCオフセットは除去済み、頭1msフェイドインさせてるのであまりよけいな心配は不要かと(KONTAKTのパッチはパッチの中にもハイパス組み込んでます)。それでもカツッてノイズが乗ってたりするのはもはや仕様ってことで。