Logic Pro : Machine Learning を導入するかも…と

個人的には「どうかね…」と思ってるのですが、先ごろAppleがLogic Proに古くから備わっているSILVERVERBとENVERBの商標登録とともにCreate MLとCore MLの図形商標登録をしたことで、Logic Pro Xに本格的な Machine Learning をベースとした機能が搭載されるのではと噂されています。

Logic Pro Expertのブログでは2つの可能性を示しています。
1つはiZotope製品のようにミックス面に導入するケース、もう1つは自動的にフレーズを組み上げるDrummerの兄弟品としてBassist、Guitarist、Keyboardistが生まれるケース。

同じタイミングで複数の商標登録が行われた際どうだったか事例を知りませんが、Patently Appleの情報だけではMLがLogic Pro Xに導入される根拠にはなりにくいんじゃないかなと思います。
が、もしもミックス面に導入されるとするならば、正直なとこLogic純正のダイナミクス、EQだけで整った2ミックスを出力するのはちょっと厳しいと思います(だからこそのMLとも言えるが)し、自動フレーズ生成面に導入されるとしてもややこしいコード進行、ブレイクなど多用するJ-Popにとっては得られる恩恵が少なそうに思います。

はたしてどうなるのか。

✎参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください