Logic Pro : 32bit AU Pluginを使う方法

32Livesの導入

32 Lives | Sound Radix
32 Lives | Sound Radix
Use 32-bit plugins in Logic Pro X with 32 Lives | MusicRadar
Use 32-bit plugins in Logic Pro X with 32 Lives | MusicRadar

32 Lives Plug-ins Compatibility Chartを参照し、愛用のAntaresのMic Mod EFXとAudio EaseのSpeakerphoneが未対応だった(Audio Ease Spreakerphone, Antares Mic Mod EFXには現在64bit版が存在します)ことで導入をためらっていましたが、これらが使用可能になったことと、Beta版32 Livesから正式版32 Livesへのアプデが無料であることと考慮して、人柱がてら導入してみました。

サイトで購入手続きをするとユーザーアカウントとパスワードのお知らせが届きますので(paypalで支払いした場合はpaypalのメアドに届きます)、サイトに移動してメアドとパスワードを入力して、マニュアルとインストーラをダウンロードします。

32Lives画面
32Lives画面
Logic Pro Xで32bitプラグインが動作している画面
Logic Pro Xで32bitプラグインが動作している画面

インストール終わって32Livesを起動すると図のように32bitプラグイン一覧ウィンドウが開くので、64bitに変換したいプラグインを選んで(CmdボタンまたはShiftボタンを押しながら選択しましょう)、Ressurectボタンを押します。
これによりx64.componentと名の付いたプラグインが新たに

/Library/Audio/Plug-Ins/Components

に生成されます。

Logic Pro Xを起動するとaudio units scanが開始され、読み込まれていきます。

非常に有り難いのが、もともと32bitのプラグインを挿してあったprojectファイルをLogic Pro Xで開くと相応する64bitプラグインが挿さった状態で起動されること。

注意点

  • 起動はしても、必ずしも安定動作をもたらす保証はありません(うちの環境ではMelodyne Bridgeの動作がイマイチ)
  • 起動はしても、たとえばRewire動作など周辺機能が影響を受ける可能性もあります
  •  64bitプラグインが新たに生成されることにより、
    • 他のDAWやFinal Cut等、Audio Unitsのプラグインを参照する全てのアプリケーションが影響を受けます
  • 32bitプラグインと64bitプラグイン双方が存在することにより、
    • 64bit動作中のLogic Pro 9ではプラグイン選択メニューに重複が起きます
      →気になるようであれば、Logic Pro 9を32bitで起動し直してAudio Units Managerで使用プラグインを選択し直しましょう
    • 本来のメーカーがプラグインを正式に64bit対応させた場合、プラグインの混在によって”TTLWrapperPlugin.dylib plug-in”のエラーが表示されることがあります
      →32Livesを起動して該当するプラグインをUnwrapしましょう

32bitプラグインを使うその他の方法

  1. Bidule
    How to: Use 32bit Plugins in Logic Pro X – YouTube
  2. VEPro
    Logic Pro X running 32 bit plugins How To – YouTube
  3. VST2AU AdaptorでVSTプラグインをコンバート
    情報元:Logic Pro Help • View topic – Logic Pro X – how to use 32-bit AU & VST plug-ins
    fxpansionのVST2AU adaptorでVSTプラグインをAUプラグインにコンバートして64bit環境下で使えたとする報告がありますが、Mountain Lion以降の環境下でVST2AU Adaptorは動かないと思うので怪しいです。
    Liveで32bit VSTを走らせるのにも役立ったjBridgeMについても言及あり。
  4. AU Lab
    情報元:How to Run 32-Bit Plug-Ins in Logic Pro X – Logic Pro – macProVideo.com Hub
    Mastered for iTunesに付属するAU Labを使用するのもOKとのこと。ただしAudioのチャンネルをRec状態かInput Monitorにする必要があります。
    うちの環境ではAntaresのMic Mod EFXやfxpansionのfusorが動作を阻害するためNGです。
  5. Metaplugin
    情報元:32-Bit Plugins: Solution found – Gearslutz.com
    DDMFのMetapluginというのを使うのもいいとのこと。