Lana Del Rey

雑記。

たまたまBillboardのニュースで見た。
YouTubeで再生回数多いのはこれか。

Lana Del Rey 動画

僕のふだんの視聴範囲とかご依頼いただく曲のレファレンスには、とりあえずEDMライクにしときゃいいんじゃねベクトルのものが多くて最近少々辟易していた。
上の動画、6年も前のものではあるけど、出しゃばらない丁寧なサウンドで安心する。
いわゆるEar candy的なものだ。

Billboardの記事で紹介されているのは「アルバムに収録されていない名作」。

この映像の出どこはよくわかんない。
久しく聞かなかったドラムループ、久しく聞かなかったシンセ音で、何年か引き戻されるような感覚がある。
ガツガツしておらず、ある程度の厚みがありながらスマートにまとまっていて(もちろんいい意味で)玄人好みだ。

それから、これもハッとさせられた。

かつてのニューウェイブ、かつてよく聞いたエレクトロラウンジを想起させられた。
ノイズが少し気になるのは音声が圧縮されているのかな。

ボーカルだけ気だるい、もしくは逆にキャラをやや過剰に演じて、一方でオケはガツガツしてる、私は若いです!というのが僕のふだんの仕事の範囲だと好まれるのだけど、そうではなく堂々と私は私って感じのサウンドにまとまっていて、そういうとこに憧れを抱かされてしまう。
それぞれの曲でアコースティックな要素が多いせいもあるのだろう、一つ一つの楽器の音とフレーズに深みもあり、「無くてもいいんじゃね?」って部分が全くなく、意味のあるサウンドに仕上がっている印象だった。
感覚任せも大事なのだけど、どうしてそうなのかを説明できることも大事だなと再認識する。

昔でいうB面、またはカップリング用の音楽って印象があって、嫌いじゃない、むしろ好物の部類だ。

仕事ではニーズなさそうだけど、ちょくちょく聞いて、個人の制作にこういうマインドをもう少し反映させていきたいと思った。