K-Pop に急ブレーキをかける大スキャンダルのこと

触れるべきか迷ったけど、K-Popnomicsって紹介記事を書いた手前、知らんぷりもいかんかってことで、 K-Pop 界に急ブレーキがかかったとCNNが伝える今年2,3月のバーニング・サン事件。
日本語版Wikipediaの記事を読む限り、さまざまな違法行為がナイトクラブで繰り広げられていた大惨事とのことですね。
関連人物がどう関連人物なのかよくわかりませんが、少なくとも無関係ではないとこに日本人の名前も見えます。
で、これを受けて逮捕、謝罪、契約解除、引退というふうにK-Pop界に激震が走った、と。

CNN(上掲の日本語記事では見当たらなかったので英語のほう)は、女性側の同意なく行為の盗撮動画がチャットに流され多数に視聴された件を踏まえ、「多くの人が批判の声を上げる一方で、これの何がいけないのか当人はじめ男性がいまいち理解できていない事実もあるのではないか。世間では、あたかもゲームのように差別的行為が行われていたりもする。」と、絶好調な界隈に潜む根の深い問題を指摘しています。

問題に対して当事者が問題意識を持てていないってのは色んな国でも地方でも、コミュニティと称せる一定の規模の集団、ゆえに地方といま書いたから誤解されかねないけどたとえ都市部でも見かける話。余所事じゃないわけですよね。タバコのポイ捨て然り、オタクとされる方々の声量然り、転売ヤー然り、海外でのマナー然り、原価厨然り、いま噴き上がってる外国人労働者や移民に関する話題ももしかしたら…。
男尊女卑の傾向に関して今までもさんざっぱら問題視されていたのに自浄に結びつけられなかったのはマズいと思う一方で、お前だって論法じゃないけど自分自身も問題意識持てずなおざりにしてる問題が多々あるだろうなと思います。

hypebotやCNNが用いているToxic Maculinityという言葉は昨年の英語圏でのいわば流行語で、「行き過ぎて毒というほかない男性像」みたいな意味。
古い価値観であるという説明も見かけたけど、文脈的には「男性であることを免罪符にしよう」って価値観にも見受けられます。古い新しい以前に、全然あかんやん。

【参考】

近いとはいえ海を挟んだ別の国なので、現地でどの位の規模の騒動になってるのか僕にはよくわかりません。
現地の親切な人がコメント欄に少しでも情報をくれたら嬉しいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です