IK Multimedia “MODO Drum” Review💭

そんなに切迫してるわけではなかったけど、ちょうどいま作業中の曲のドラムパートが行き詰まってたってことで、 MODO Drum 入れてみました。
MODO Bassを所有しており、クーポンも利いたので1万円半ばくらい。

IK Multimedia - MODO DRUM
IK Multimedia – MODO DRUM

総評としてはまあまあ。悪くはないけど、フィジカルモデリングとして素晴らしいという以外に飛び抜けた要素はありません。
プリセット数はMODO Bassと同様にけっこうな数が揃っていて、ただもう少し全体的にトーンが明るくてもいいかなとは思います。

先の記事(IK Multimedia “MODO Drum” 気になりますね – makou’s peephole)で記した通りフィジカルモデリングの対象はバスドラとスネアとタムのみで、それなりに細かく設定できてリアリティはかなりあるものの、奇抜な音を作るってのはさすがに無理。ピッチもそんなに大きく変わらない。でもある程度想定内ではありました。
何でも出来る強い音源ってより、オーソドックスなセットを微調整して使うことが可能なドラム音源ととらえるのが順当でしょう。
たとえばスネアを連打した瞬間にリアリティが無くなるようなこともなく、フィジカルモデリングだけあってイイ感じに出音にムラが出ますし、リリースを短くしたせいで嘘くさくなるようなこともありません。
各種金物およびカウベル、タンバリン、ハンドクラップの部類はオーディオデータで鳴らされる仕組みで、この部分でそこそこメモリを食います。なにせドラム音源ってのは金物がメモリ食いますんで、キックやスネア、タムがフィジカルモデリングに置き換わったくらいじゃメモリの劇的な節約になりませんね。

鳴らせるパーツ数は有限ですが、Addictive Drumsほど絞られてるわけでもなく、バスドラは2つ、タムは5つ、シンバルはクラッシュ5枚(16″が2つ、18″、17″ or 19″、20″で定位固定)、スプラッシュ1枚(10″)、チャイナ2枚、ライド1枚、ベル1枚がリミット。それ考えると、SuperiorやBFDが懐広すぎなんでしょう。
サブスネアを配置するのは不可。それと、近年海外でちょくちょく見かける、ローピッチのスネアをフロアタムとして使うような手法も無理ですね。タムにスナッピーを設定することができれば可能なんですけども。
スティックは2種類から選べます。ここまでできるんなら、マレットや素手、ロッド(竹ひごスティック)やブラシも実現できるんじゃないのかなあ。
ちなみにPlexiのセットに見えるドラは実際には鳴らないようで(鳴るの?)、こういうウソは個人的に許しません。

フィジカルモデリングの出来は重ね重ねすこぶるよくて、ただそのカスタマイズの幅はメーカー裁量。率直な感想としては実用性重視でけっこう絞っちゃったようですね、というところ。
フィジカルモデリングって点だけでいえば、バスドラのヘッドを外すとか、多種多様なスティックとか、タムにスナッピーとか、数え切れないくらい大量のパーツを且つロクでもない配置に設置とか、(MODO Bassの弦の設定のように)ドラムヘッドの疲れ具合とか、昔のスタジオドラマーみたいにストレイナーを1箇所だけ緩めておくとか本来は設計できたはず。なので、売り言葉に期待値を上げすぎると、僕みたいにショボーンな印象を持たざるを得ないんでしょう。

セットそのもののバリエーションはそこそこあり、ToontrackのSuperiorやEZ Drummerのシリーズ、fxpansionのBFD、XLN AudioのAddictive Drummer、あと一応KontaktのAbbey Roadのシリーズ、SteinbergのGroove Agentのように、デフォのオーソドックスなサウンドでいま作ろうとしている曲のジャンルをカバーできない場合に追加パックを買うなんて必要がないのは(人によると思うが)地味に大きなポイントかと思います。

キー配列はGM準拠で、C1より下はハイハットとライドのバリエーション、A#2から上は右手打ちゾーンおよびシンバルのチョーク用。
ということは、他社のドラム音源を使っててイマイチだなあなんて思ってMODO Drumに切り替えるときには、やっぱり大々的にMIDIの打ち込み内容を調整する必要が出てきます。お手軽とはいえ、こういう部分にはもう少し配慮が欲しい気もします。BFD、Superior、Addictive Drummerはキー配列を変更できますからね。

ということで、決定的によいという点が現段階では(個人的には)みとめられなかったものの、MODO Bassがバージョンアップで2種類のモデルを追加したように、MODO Drumも次のバージョンアップで変化球的要素を多少加えてくる可能性があると思います。
そこに期待していま買うのが正解かどうかはわかりませんが、ある程度安く変える間に買っちゃうのは大きく間違ってないんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。