HoRNet “ThirtyOne MK2”

HoRNetの製品を取り上げるのは3度目。今回は ThirtyOne MK2 というEQ、それもAutoEQって何?ってとこなんでデモってみることにしました。

ハッキリそう書かれているわけではないんですが、前の日記でたまたま取り上げた Match EQ のようなものと考えられそう。

同メーカーのMasterToolもやはりMatch EQのような働きを持つことから、メーカー的には活用していきたい技術なのかなと邪推します。

曰く、ハーモニック・バランスが最大(最適ということかな)になるように調整してくれるそう。
検出速度がどうやらキモで、瞬間風速的に強い帯域が検出されるとしたらそれを活かすかどうかに関わるのでしょう。
したがってマスタリング時よりも、PAミキサーに搭載されたほうが有効かなという気もします。

価格は比較的お手頃な€20.99(現在 2,604円)。€19.99(現在 2,480円)と記されたサイトもありましたが、僕の環境で見ると€20.99となってますね。


以下、余談。

えー、ハロウィーンが過ぎて11月第4週のブラックフライデーを控え(年々セールのタイミングが早くなってるらしい)、おそらくよそのサイト様で多々紹介されているはず。
セール情報は最近うちであまり取り上げてませんが、Wavesのdbx160コンプのフリー配布、Plugin BoutiqueにおけるiZotope Iris 2の配布、Audio Plugin DealsでのOpacity IIのセールの連絡はメールで届いてます。あとSSLのオーディオI/Fを購入した方を対象としてリバーブとコンプのプラグインが配布されていたり、コメント投稿をすることでFL Studioが抽選で1名にプレゼントみたいなのもありました。
ブラックフライデー以降のセール情報については特にまだ何も。
ちなみに僕個人は来春のM3(告知ありませんね…)に向けて近々導入予定のものがあるんで今は緊縮体勢。


北海道とくに札幌の感染者数が増加傾向にあり戦々恐々です。
基本在宅業務とはいえ担当授業で学校に行くとご年配の先生方も多いし共有機材も多くて、仮に自分が重症化しなくとも感染させちゃったらと思うと軽く戦慄します。
慎重を重ねてアルコール消毒してるうちに手はカッサカサ。