Glitchmachines “Hysteresis” を使ったビート加工のチュート

MusicTechで、Glitchmachinesの Hysteresis を使ったビートの加工が紹介されています。
Glitchmachinesは文字通りグリッチ気味の加工を得意とし、今からニカ方面に手を染めようってユーザーにも使いやすいツールを多々リリースしてくれているメーカー。

ループに倍速やリバース加工を行おうってとき、DAWデフォの状態でチャレンジするのはしんどいし、同様のことができるiZotopeのStutter Edit 2だと機能が盛りだくさん過ぎてハードルが高い。ちょうどいいのがHysteresisですよという記事ですね。
ただ、簡単な仕組みのソフトを使うとなると今度はそのソフトに早く飽きてしまいがちですけども。

最近はあまり使われなくなりましたが、こうした破壊方向のソフトをかつてはFSU(Fxxk Shit Up)と言い、本格的なものが好きな人はMaxをはじめとしたプログラムで直接制御し、簡単に扱えるものとしては古くSmartelectronixのLive Cut、IllformedのGlitch、Sugar BytesのEffectrixなどが知られています。