Glitchmachines “Convex” が叩き売りされとる

FSU(壊し)系、サウンド・デザイン系で良質のプラグインを多くリリースしている Glitchmachines の佳作、 Convex がPlugin Boutiqueで叩き売りの状態になってますね。
うちでも数年前に入れて、何度か使ってます。

慣れるまでが少し大変で、当面は下部に見えるプリセットから選んでいくことになると思うのですが、サウンドとしては、破壊的とまでは行かないまでも結構な暴れん坊です。これを微調整して使っていくうちに慣れるとは思うのですが。

基本的な考え方としては、結線を多重入れ子にできるオーディオ・エフェクターで、当面楽しいのは他のFSU系のソフトではあまり見かけないPITCHの部分。
これの操作から始めて、モジュレーション用のソースをいろんなものに変えて何が起きるのか見ていくと、意外と「こういう音作ってみたかった」ってのにすぐ辿り着けますね。
なお、モジュレーション・ソースを逆転させるにはINV 1か2で拾い上げます。で、これを他のパラメーターから指定してあげる形。

LFOの形状は下のスクショの通りで、SUP、SDNはSaw UpとSaw Down、SAHはSample & Holdですね。モジュレーションのソースもご覧のようにスクショ撮っておきました。

Convex – Glitchmachines
Convex – Glitchmachines
Convex – Glitchmachines
Convex – Glitchmachines

FSU系のソフトにも、時間軸をわりと無視した形、つまり音楽を必ずしも意図していないお蔭で野蛮さ/激しさを演出しやすいものと、音楽として時間軸になるべく揃えようとするお蔭で思ったほど変化の幅が出ないものと、あくまで個人的な見解ですが大きく分けて2通りあるという印象で、前者の方は手に負えなくなりやすく、後者の方は飽きやすい。Glitchmachines製品は前者の趣が強いかなと思います。

Convex以外にも(メーカーからすると)少し古くなってしまったSubvert, Palindrome, Fracture XTがセール対象になっているようですが、同じくセールになっているDissonance Bundleは、Glitchmachines製品を含むバンドル商品である点にご注意。

操作感を味わってみるならGlitchmachinesのメーカーサイトに飛んで、フリーウェアのFractureやHysteresisをダウンロードして使ってみるとよいかと思います。