FBでイイネを募る Engagement Bait 行為がペナルティに

最近あまり見かけなくなりましたが「面白かったらイイネ!をクリック」的なエンゲージメント・ベイト( Engagement Bait = 撒き餌)行為がFacebookで減点ペナルティの対象になるそうで、Facebookは機械学習によるベイト行為の検出と対応に本腰を入れているとのことです。

単にイイネ!のクリックだけでなく「どう思いますか、コメントください?」というのも、”煽り”としてペナルティを食らう対象になっているもよう。
音楽に限らずアーティスト活動を行なっている人は、

  • あなたの好きな曲を教えて
  • ライブで○○を訪れることにしたのだが、美味しいゴハンが食べられるお店を教えて
  • 応援メッセージをくれた方の中から抽選でコンサートに招待するよ

といった形でコメントを求めたりすることが一般的ですが、それすらマズい可能性がありますね。
過去のこうした投稿もペナルティの対象となるようだと、ただでさえTLを遡るのが面倒なFBにあってはユーザー離れを加速させやしないか(大きなお世話だろうが…)。
Twitterやニコ動ではこれに類するアンケート機能があって、あちらはユーザー同士の闊達な意見交換に用いられているんですけどね。歓迎されているかどうかは別として。

以前記したソフトウェアや素材メーカー、アーティストにとって便利なLike to Downloadの仕組み(記事は削除済み)や、YouTubeやMixCloudでFacebookのLikeを押させる文化のような、Facebook外でのベイト行為が対象になるかは不明。
もしペナルティの対象にならないなら、かえってLike to Download的な仕組みや水面下でのフォロワー数の売買手法が発達していく可能性もあり。
逆にこうしたベイト行為に対するペナルティをインスタなんかも真似し出すことがあれば、創作活動の一環としてソーシャルネットに多くの労力を割いてきた人にとってはかなりシンドイことになりそう。