Embertone “Mountain Dulcimer” 期間限定セール

Audio Plugin Deals(以下’APD’)でEmbertoneの Mountain Dulcimer がフラッシュセール中です。
APDのセール製品については原則としてデモ版の提供がない場合は記事で触れず(動作確認できないものを紹介したくないので)ページ下部のバナー画像のみ差し替えるようにしてますが、今回は短期のセールであることと、ある程度勝手知りたるEmbertone製品ってことと、珍重楽器であるってことであえて記事として取り上げます。

さて正規価格は$99、セール価格で$39.99。セール期間は残り1日。

Embertone製品はこの日記で過去にバイオリン音源を絶賛しております(✎参考Embertone “Friedlander Violin” Review 💭 – makou’s peephole)。
もっとも今はライブラリー不要の物理モデリング音源を使用してますけども(✎参考Serenade III 鳴らすメモ – makou’s peephole)、ひとまずFriedlander Violinに関してはライブラリーのサイズがでかくて打ち込むのがしんどいぶん表現力が凄まじい。
ライブラリー化対象として選ぶ楽器も、Precision Soundとキャラ的にカブるくらいユニークで、他社じゃまず扱わない楽器をチョイスしてくるため通常少し値段が張ってしまう。だからセールがオイシイわけです。
ついでにいうとエデュケーション価格にも積極的。

Mountain Dulcimerというのはギターのような形をしたラップトップの楽器で、主にカントリーで使われます。
下の動画ではドブロ風の加工、バンジョー風の加工がなされたものも紹介されていますが、基本的にHammer Dulcimerとサウンドは似ていて、奏法など考えると別の楽器ととらえたほうがよさそう。

サウンドが似ているのでHammer Dulcimerの代用として使える可能性はあります。ただしポリ数の制約があったり、自動的に同弦の音程がレガート発音されるようだと代用は不可と考えられます。
そもそもHammer Dulcimerのライブラリーにいいものが少ないのも事実。良質な代用品になり得るならば良かろうが悪かろうが飛びつきたい思いはあります。

果たしてクオリティはどうか。

長ぇ! いろいろ出来そう。
拝見する限りはHammer Dulcimerってか、Harpsichordの音としても使えそうですし、ギリシャなどバルカン半島周辺の音楽にも流用できそう。
メインストリームの音楽を作る上で必要な場面は少ないでしょうけど、異世界ネタへのトリビュート・アルバムとかね、このライブラリー1個でどうにかできるとは考えにくいものの、雰囲気担当としては役目を果たしてくれるんじゃないかと思います。

動作環境はKontakt 5.4.3以上で、Kontakt Player不可だそうです。
Mountain Dulcimer以外のEmbertone製品はメーカーサイト(下記;セールには非対応)でご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください