Dynamic Range Database

色んな曲のダイナミックレンジ(Dynamic Range)を調べてみた+寄せてもらった情報を合わせた表のようです。

上の表へのリンクがあった記事「TT Dynamic Range Meter – Fight the Loudness War」で引き合いに出されているMetallica’s “Death Magnetic”というのは、「メタリカ、新作CDのサウンドは音割れが酷くゲーム版に負けている!? :@niftyミュージック(リンク切れ)」のことですね。

表で色のついた欄は、左から順に

  • アルバム全体のダイナミックレンジ
  • トラックごとのダイナミックレンジでレンジが最も狭かったもの
  • トラックごとのダイナミックレンジでレンジが最も広かったもの

を示します。

昔の作品ほどダイナミックレンジが広い傾向はありますが、作り手の思想もあるでしょうし、広いものほど良いと僕はあまり考えてません。広いものほど好きではありますけどね!