dSONIQ “Realphones”

ロシア(状況証拠的にそうだと思う)のdSONIQが開発した Realphones はいわゆる、ヘッドフォンでスタジオモニターの音をシミュレートできるもので、システムワイドでもプラグインエフェクトとしても機能します。
システムワイドでの使用をサポートするものなのでインストール後は再起動が必要。当然アンインストール時にも再起動。

このベクトルのソフトって近年いくつか登場していて、以前別のを試してみた際に(少々無茶な操作をして)システムが不安定になって以降、ちょっと怖くて手を出してません。
なので薄い経験を元にした感想文になりますが、所有するヘッドフォンのモデル(Realphones-Supported Headphone Models)をしっかり登録した上で聞けるサウンドは充分な臨場感があると思いました。
リスニング環境のモデルは今のところ3つだけしかありませんが、それでも今まで聞いた中ではいちばん心地いいかな…。YouTubeに上がってるライブ動画をRealphones越しに聞いたらなかなかよかったんで。

フリケンシーレスポンスないしインパルスレスポンスを重ねがけすることになるため、ほぼ確実に歪みは発生しますね。リミッターが付いていますけど、どうとらえたらよいか。
こういうソフトの精度って、個人的にはあまり信用していないのですが、メーカーサイトにも記されているように、仕事柄スタジオに常時いられない(COVID19状況下ですが)方には有り難いツールなのだろうと思います。

Life Pack(ヘッドフォンの選択の余地なし) : $65(現在 6,989円)
Professional Pack(3つまでのヘッドフォンを選択可) : $89(現在 9,569円)
Ultimate Pack(ヘッドフォンを選択制約なし) : $165(現在 17,741円)

次の記事

BPM20 の世界