【概訳】拡大してゆくガジェット市場

Mobile Music Making More Than A Trend – iOS Is Now Bigger Than Windows

Mobile device price vs performance is improving much faster than desktop price vs performance. For example, the iPhone 6 offers 10 times the performance of the iPhone 3Gs.The same sort of improvements can be seen in the best Android devices.(モバイルデバイスのパフォーマンス向上度合いはデスクトップマシンのそれを凌ぐ。iPhone 6のベンチマークはiPhone 3GSの10倍。Android端末においても同様の現象が見られる。)

It’s becoming more and more common for apps to be released for iOS first, Android second and then possibly for Mac & Windows. It’s likely that this trend will only accelerate in the next few years.(アプリの登場はiOSのあとにAndroid、続いてMacやWindowsか。今後この傾向は加速していきそう。)

The number of musicians using mobile devices as their primary DAW is likely to continue to grow. In the last five years, many musicians have gone from considering mobile devices toys, to using them as significant tools for things like patch creation, synthesis, MIDI control and more. Musicians are now beginning to use mobile devices as a  ‘mobile DAW’, for things like beat-making and capturing ideas. While the number of musicians using mobile devices as their primary DAW is small now, expect it to grow as mobile performance improves rapidly.(ふだん使いのDAW同様にモバイルデバイスを使うミュージシャンの数は増え続けるだろう。過去5年の間に多くのミュージシャンは、モバイルデバイスを玩具というよりもパッチメイク、サウンド合成、MIDI制御等を行う便利なツールとして扱うようになってきた。ビートメイキングや着想のためのモバイルDAWとして使い始めているのだ。モバイルデバイスをふだん使いのDAWとするミュージシャンの数は、今は小さくとも、デバイスのパフォーマンスが向上するに連れて増えてゆくだろう。)

ざっくり訳は私。グラフにひとまずゴマカシがないことにしておきます(端末の更新頻度の問題は考慮に入れる必要ありそうですが)。

対立的な存在ではないのでは

今はまだ力不足だがDAWとしての機能はゆくゆく備わっていくというよりも、モバイルデバイスで作れる音楽がより広く浸透していくって考えるべきかな。つまり優劣で考えても何も生まれなさそうと。数字的な推移は現れるでしょうけど。
MacやPCに対してモバイルデバイスが対立的な存在としてあるというよりも、もう、なんか、ギターとピアノの違いみたいなもんでしかないだろうなという位までは、モバイルデバイスって浸透しているように感じます。
ただ、ぶっちゃけ、iPhone登場時より今のほうが浸透してはいるのだけど、(音楽関連では)MacやPCの代用品としての趣きが強くなってきちゃっている感じがして、少し不満です。