deadmau5 “OSC/PILOT” | Loudness Normalization | パートと帯域 | RX7 キャンペーン

deadmau5 “OSC/PILOT”

Windowsオンリーですが、OSCを通じてバリバリと制御できますよという、deadmau5印のタッチコントローラー OSC/PILOT です。
この感じの画面を見て、これ何だろう?と思ったことのある人、意外と多いんじゃないかと思うんですが、OSCの1つの重要な機能が「自分でコントローラーを組み立てられる」って部分。テクノやエレクトロニカ系でテクノロジーに強いアーティストさんやDJさんが自分用のを作って使ってるケースは、昔から多いですよね。

ラウドネスノーマライゼーション概説

君は音圧戦争を生き抜けるか? 音楽ストリーミング時代のラウドネス・ウォー対策 (1/3) - ITmedia NEWS
君は音圧戦争を生き抜けるか? 音楽ストリーミング時代のラウドネス・ウォー対策 (1/3) – ITmedia NEWS

今しっかり押さえておかなければならない基礎的な部分、日本語でまとめてくださっている記事がやっと登場しました。
海外ではProduction Advice – Mastering, Mixing, Recording, Music Production | Latest blog posts – Production Adviceなんかで説明されたりもしていたんですが、誤訳するとよくないんで訳さずにおりました。

パートと帯域

AUDIO FREQUENCY SPECTRUM
AUDIO FREQUENCY SPECTRUM

こちら(The Really Useful Piano Poster – makou’s peephole)を彷彿とさせるビジュアライゼーションのポスター。そこそこのお値段しますが、お部屋のインテリアとしてもアリですね。
英語表記が気に食わないって人は日本用のを作って売ればそれなりに収益も得られるのでは。

定価が$38.95(現在 4,131円)で、キャンペーン中なのか$33.33(現在 3,535円)になってます。

RX7 日本限定 アップグレード(=UPG)キャンペーン

アップグレードがUPGと示されるのは今だからわかりますが、以前それを知らず困ってしまった経験があるので、上の通り示しておきました。これで多少はGoogleの検索結果に対して貢献できるかな…と。
で、SonicwireでRX7の日本限定アップグレードキャンペーンが開催されます。

競合?であるiZotope Japan(メディア・インテグレーション)と旧代理店であるタックシステムへのリンクも貼っときました。
「ん?」と思う価格部分もあったので(書かない)、見比べてから手を出したほうがいいかなと思います。