BPB “Dirty Filter” : フリー配布中

他のサイトが取り上げるだろうから別にいいかなあとも思ったのですが、思った以上に扱いやすかったので触れておきます。
僕も常にチェックしているBedroom Producer Blog (BPB)がフリーで配布している Dirty Filter 。

BPBは時折フリーで素材などを配布しますね(例:BPB Cassette Drums – Free Drum Machine VST/AU Plugin – Bedroom Producers Blog)。

Dirty Filterに関してはその名と見た目通り、ドライブ(チューブ・ディストーション)の備わったフィルターで、12,24,36,48db/Octのスロープを選んでハイパス・フィルターとローパス・フィルターを操作できます。
Dry:Wetバランス調整可能なMixと、-12〜+12まで調整可能なボリューム、そしてドライブの強さも設定できるようになっていて、当然オートメーションも可能。軽量です。

どうってことないように見えるのですが、レゾナンスの立ち方が非常に素直なのと、思ったよりしっかりドライブがかかるためピークを超えにくくなってる(入力値やドライブの度合いによっては一気にハジけます)のがよいです。
ローパスとハイパスが別々にあってそれぞれ20〜20,000Hzの幅で変動するのも個人的には扱いやすい。

先日も取り上げたXferSerumのDJMFilterも、使いやすいフリーのドライブ付きフィルターでした。
それぞれの長所短所がわかりやすいはずなので、使い分けの妙味を味わう初手としてもいい機会になるかもしれません。