Virus TIのSierra対応にユーザーのイライラを見る

次期Mac OS “Sierra“が来たる9/21に登場する。
かつてエレクトロニック・ミュージックといえば欠かせない存在であったACCESS VIRUS TIにおいて、そのソフトウェア面(オーディオドライバー)でOSとの互換性の問題が急浮上したらしく、ユーザーが戸惑っているご様子だ。

Access Virus TI Owners May Want To Wait To Update Their Mac OS

私の身の回りにVIRUS所有者がいない上、地元の楽器屋でもまるで見かけることがないので、仕様やらバリエーションについて詳しくは知らない。
私個人の話になるが、かつてわずか1年くらいの使用でOS非対応となってしまったVIRUS Powercore。
その使用感をおぼろげに思い出すに、武骨な出で立ちながら厚みのあるブリリアントなサウンド、そして(それこそReveal SoundのSpireのフィルターInfectoがVirus TIにインスパイアされたってことから察せられるように)味わいのあるフィルター機能、そうした特異な機能を駆使しした独特なサウンドを生み出せる逸物ではあった。

Reveal Sound “Spire 1.1”

何かのサウンドメイキング動画で見た記憶のある画面だけど、”OS”って書いてるから件の”ソフトウェア”ってのとは違う…かな。

さて、このニュースに対するユーザーのコメントを読んでると、何かこうウンザリの域を通り越した解脱感すら漂っている。
Facebookでのとある会話を見ると(要所だけ訳します)、たとえば、

Renaud Guérin
And of course I’m reading this 10 mins after starting the upgrade to Sierra… :
A bit annoying that EVERY year, Apple makes developer previews available well in advance (June, so 3 months ago) to give devs enough time to fix exactly this kind of problems, but somehow most audio companies seem to wake up on the last day and blame it on the new thing… Not cool, especially to those customers getting new Macs who don’t have a choice !
9月9日 5:56

Sierraへのアップグレードを開始したばかりだ。毎度のことながらAppleはデベロッパーに対して早めに情報提供しているはずなのに、まるで昨日今日知ったかのように君らは騒ぎ立てるんだね。ユーザーにとってはそっちのほうがいい迷惑だよ。

Virus
renauld, if you know that this happens every year – why do you install Sierra even before it will officially launch? the issue here is that i can’t really say something about the reasons because we are under NDA with apple. but what you state above is simply not the reality of things.
9月9日 17:09

アップルとの間で秘密保持の契約があるから詳しいことは書けないが…むしろ君は問題が起き得ることをわかっていながら、なんでまた早々にSierraを入れてしまったのか…。

Renaud Guérin
>Virus
(略)
The usual case is that some devs simply don’t take advantage of the 3 months they’re given to fix things before their users are affected, and blame it on new a release that was completely expected. And this, is not justifiable.
9月9日 18:59

僕が言ってるのは君らの怠慢と責任転嫁についてだよ。

Danny Le Grand
>Renaud
in my opinion you are a very bitter person.
(略)
I think the way you just fell out towards Virus is lacking respect.
Don’t blame Access for your mistake to upgrade already now (before official release date) to Sierra.
(略)
Don’t be bitter to somebody else for making a mistake yourself. 😉
Carry on ………
9月10日 17:39

横レス失礼。
君が厳しい人なのはわかったが礼を失している。OSのアップグレードは単に君のミスであって、Accessを責めるのはお門違いだ。

Renaud Guérin
I also happen to be an experienced software engineer who knows a thing or two about this whole process, so indeed you may find that I’m not easily willing to accept BS excuses from other developers like a more naive user would. I’ll repeat what I already said (which tbh was more a general complaint than something specifically against Access):
If Apple changed something in the latest Sierra betas that breaks the Virus driver, and this problem either wasn’t already here in the first June betas, or was here but can only be fixed properly on Apple’s end and they still haven’t done so after 3 months, then yes : it’s foul play on Apple’s part and they get 100% of the blame, not Access ! This situation did happen last year when some AU plugins were broken until 10.11.1 was released, but please note it’s BY FAR the least common one.
What is MUCH more common is that some developers (not all though) don’t bother testing their software with the macOS betas they are given from June each year, and when September comes they wake up and tell users “oh wait, this thing is broken, we’re not ready, hold off everyone!”. It’s especially endemic in the audio world, maybe because users tend to be more conservative and devs know they can get away with it by just blaming Apple.
But do you know what “in due time” really is for working on a stable version ? It’s June to September, when Apple runs the f***ing “developer preview” programme PRECISELY to avoid this kind of problems !
Of course, it doesn’t help that Access seems to depend on a third-party company for their driver that didn’t respond in time, and maybe this is something they should consider changing…
Because ultimately (unless we’re in the RARE case of Apple breaking things they can only fix on their end), it’s not the user’s fault for assuming compatibility with released software (which Sierra is 10 days from now), it’s not Apple’s fault who gave devs ample notice, it’s the software vendor’s responsibility, period.
I will not comment on your opinions about the lack of improvements in macOS in the past 4 years, the invented need to sell old Macbook stock before a new release, or the feasibility of running Mavericks on hardware from the future. They just further prove that you don’t understand the industry you’re talking about.
9月11日 4:27

俺も中の人みたいなもんなので事態はわかってる。Appleのトチりに対してVirusを責めてるわけじゃあない。
しかし互換性の問題において、一般的に矛先がAppleに向きがちだからといって、メーカーが安穏としていていいわけでもないだろ? 一般のユーザーだとなおさら自身にアップデートの非があると思わないことも自明だ。ならばメーカーが予定通りにモノをきちんと仕上げるほかに責任の全うされる術などないだろう。違うかい?

技術者である彼から見てAccessのこの、OSのオフィシャルリリース直前で対応が遅れてる状況は怠慢にしか見えないってことだろう。
実際のところはわからないが、私も今いる業界から見て「ですよねー」と思い当たるところが多々ある。いつやるの?略、的な。
とはいえ、おそらく景気後退の騒ぎがありながらDAWやソフトウェア、楽器が急に低価格化した10年前以降、メーカー側が青息吐息になっていそうなことも想像できてしまう。かたやユーザーから上がってくる機能改善の要望の山、そこに戦慄するメーカーにも同情できてしまう。

Synthopiaの記事のほうにもいくつかコメントがついていて、

ja
September 13, 2016 at 7:54 pm
There’s so many things wrong with Access and their software. Their synths probably don’t even run on newer apple computers.
I literally drilled holes under my macbook pro for it to get more air, because using Virus TI connected to USB port caused MIDIServer to consume 20+% CPU (other MIDI devices consume about 0.5% CPU), which translated up to 90 degree Celsius and fans ran at maximum – now it’s almost all right. They refuse to see the problem and when several others also complained then Access said that it’s Apple’s fault. Is it really?

道理で放熱がすごいよね。僕なんかMBPに実際ドリルで穴を空けて通気を確保したくらいさ。
問題を直視できてない気がするよ。どうせまた批判が募ってきたらAccessは「いや、アップルのせいでね」って言うんでしょ?

批判の的がズレてるようにも見えるが、以前から改善努力があまり感じられないって話なわけで、数年分イライラが鬱積してるのがひしひしと伝わってくる。
イライラが一定の閾値を出ると得てして論理に端折りが生じたり、人によってはそれすら超越して解脱の域に達したりするものだ。

Ableton Live上だと軽快に動いて、地道に書き出していけば動作の問題がないよ」って声もあるので、猫も杓子もネガティブな反応ってわけじゃないし、自身の工夫で問題を乗り越えてるたくましい人も大勢いると思われる。
そもそも快適に使えてる人はわざわざ声を上げない。ネットにおけるバイアスというのはそういうものだと思う。
したがって、ネットで見られる限りで批判多数とは全くもって言えないわけだけれども、批判多数でない場合それは同時に賛同多数でもないとも言えるわけで、事態に対してはただ粛々と自分なりの洞察を巡らすしかない。

腕のいい人材の転職が製品クオリティを左右する傾向がこの業界でも顕著になってきた気がする。
M-AudioFocusriteなんかがかつてはよく話題に上がってたかなあ。
時期によって製品の出来不出来の差が激しい。近年は大手のほうが深刻に思えたりもする。
そうなると、ユーザーからすればメーカーでなく人材情報で製品をキャッチアップできたほうが、自身の制作環境の快適さを保てると考えられる。
言ってみれば、このバンドのドラマーがあっちのバンドに移ったから、このバンドの追っかけをやめてあっちを応援することにして精神衛生を保つみたいなもんか。

なんかもう、快適な制作環境を考えるにあたって、メーカーが大手かどうかとかB2Cの錬度云々とか言ってられないかもしれない。
ユーザーにも何かこう一定のリテラシーが必要な時代なんだなと思わされる昨今。