ボーカル素材について(Put Em Up)

言及があったので。その2。

(当時のアカウントと変わっているので引用で済ませる)

今は翻訳ソフトもある(Janetterその他のクライアントソフトには翻訳機能がついてたりするし)ので韓国語、英語その他のmentionでも特に問題ないです。
結論から言うと、DJMaxの映像(映像、殊にそのTypographyの使い方については、Heuristic, 직관에 대해… :: 여성모델 실사촬영과 타이포그래피의 환상적인 조화영상 Put Em Up (Composed by Makou) – DjMax Portable3で絶賛されてますね)で書き込まれている歌詞はおそらくスタッフのどなたかが聞き取って下さったもので、僕がお渡ししたわけじゃないのです。
その労力に感謝です。

友人のリンちゃんに歌ってもらったA LieとVoyage以外、歌は全てサンプリング素材[後述]で、歌詞の内容を僕が全て把握できているわけじゃありません。
少し話はそれますが、数年来僕の環境が抱えている問題として、食っていけるレベルの歌い手が身近にいないってことがあるんですね。
もともと歌モノをやってこなかったせいもありますが。まして日本語NGの条件下にあって僕の周りに英語の発音がOKな人はおらず、(今どき)サンプリング素材をつなぎ合わせないと歌部分を作れなかったという。
上手い人はとっくに東京行ってますし。

でも、以前書いた通り、ここ2年くらいで何名かの在札の歌い手さんと接することができるようになって、これはややよい兆し。
ただその最初にレコーディングした歌は、追い込み足りず悔いの残るシロモノになってしまいましたけれども。

で、そういえば以前.Falk氏とコミュニケーション取れた掲示板、ここはその後細かく見ていなかったんですけど、↑の話があってググったら偶然また引っ掛かり、

Also, anyone know why this song (YouTube – Long-T – I Want You (HQ DOWNLOAD)) has the same rap lyrics as Put Em Up?
DJ Max Portable 3 – (Sorta broken) KR 1.01 patch now available, see inside – Page 251 – Bemanistyle [dot] com Forums

と書いてあって「あちゃー、またか」と思いました。
この疑問へのレスは.Falk氏が答えてくださっている通りなので割愛して、ひとまずサンプリング素材を使うのがふつうだった90年代後半から00年代初頭はこうした事態が日常茶飯事でした。
例えばCMなんかで素材まんま使ってたりとか悪どいこともしばしば(関連: Togetter – 「デザイナー・井上のきあさんの素材集の規約を無視して使う雑貨店など…「素材の使用許諾違反」についてのツイートまとめ」 素材であることや素材使用に関してのルールを発注者が知らなければ、素材を右から左に渡すだけでも受注者は制作費をもらうことができる、もしくは発注する人間自身がそれを求めるみたいな、ね。
不公平感とか良識とかいうよりも、何の経験にもならないことに時間を割こうと僕は思わない)。

さっき書いた理由でもう素材は使わなくてよくなると感じてますが、既に素材を使った曲を提供している以上スルーしてもいられないんでこの機会にまとめておくと、

  • Rock-a-doodle-doo : MasterbitsのRapsodyを使ってます。最後のほうのラップでヤバいこと言ってる気がします。
  • A Lie : 知り合いの事務所を夜中に借りてリンちゃんに歌ってもらいました。リンちゃんの日本語詞をPV社のスタッフの方が訳して下さいました。
  • Right Now : Zero-GのVocal Forgeからサンプリング素材を切り出して使っています。サンプリング素材自体に「Right Now」のタイトルがついていて、自分の曲にそれとは別のタイトルをつけると後ろ暗く見えるのでタイトルを頂戴しました。
  • Voyage : レコーディングスタジオにて。
  • リンちゃんに歌ってもらい、ハモりは僕が編集で作りました。リンちゃんの日本語歌詞を、昔からの友人であるSounds A La Carteの寺西さんの奥様に英訳してもらいました。
  • Put ‘em up : Right Nowと同様で、タイトルに関しても同じスタンス。僕、知らないんですけどビーマニの曲で同じタイトルのがある?
  • Seasons : Right Now, Put ‘em upと同様ですが、Vocal Foundryのサンプリング素材です。タイトルに関しても同じ。
  • Say It From Your Heart : これもサンプリング素材で、たしかZero-Gの何か。初めは歌メインじゃなかったけど手直しのリクに応えてこの形。タイトルは、英語が得意でない人が聞いても聞き取れるだろう部分から抜粋。

しつこいようですが、未公開曲の中でまだサンプリング素材を使用したのが他に残ってます。
今後もし何かとカブってたり聞き覚えあるのがあればそういうコトです。当然ちゃんと自分で購入した素材を使ってます。
ちなみに日本での発売未定のとあるゲームにおいて使用した歌素材はVocal Downloads by Vocaldownloads.com- vocal samples, acapella vocals, royalty freeで購入したもの。

一昨年から別名義でボカロ曲を作ったりしていて(歌モノとしての練習が目的)、1つわかったのは自分の意欲が歌詞に相当左右されるなってこと。
出来の良し悪しは別として。