Ableton Meetup Tokyo “Share Midi and Party!”

5/9(土)の午後3時から1時間半、YouTubeで配信された Ableton Meetup Tokyo を一通り拝見しました(アーカイブしてくださっているので動画貼っておきます)。
Abletonの認定トレーナーであり、WOMというユニットで一緒に活動させていただいてた大黒さん、そして京都のAbleton認定トレーナー赤川さんによる、 Share Midi and Party! というシステムの紹介と活用のお話ですね。

ネットとMax4Liveの環境さえあれば、Sender, ReceiverというM4Lデバイスを通じてお互いの編集状態が同期され、自動的に最新の状態に保たれます、と。
コラボレーションの道具、ひいてはレッスン用の道具として活用が期待できますね。

カスタムのオーディオデータが絡んでしまうと通信サイズが大きくなってレイテンシーが発生してしまうので、Ableton Liveプリセット音色縛り、かつ操作はMidiで制御できる範囲に絞られるわけですが、ぶっちゃけオーディオデータ要らんですね。
むしろAbleton Linkに参加するときのように、作り手のセンスや発想力があらわになるのが面白い。

今日の配信ではデモンストレーションが行われ、ゆくゆく文字通りパーティの場として活用されてゆきたいと仰っていたのが印象的でした。

まだ公にはリリースされていないので、自分で試してみるにしてももう少し先になりそうですね。期待して待っています。