Ableton Liveの Sampler で、1サンプル1キーに割り当てる

加工してフリーズさせて新しいトラックにドラッグコピーしたものを裁断して、Samplerに突っ込もうと思ったら、目を患っている自分にあの小さな画面で1個1個キーに割り振るのはキツかった。
元素材がイマイチだったので再加工してフリーズさせてまたSamplerに突っ込んで同じことをして、やっぱりイマイチだったのでさらに加工し直してSamplerに突っ込んで…と繰り返してたらしまいに「キーッ!」てなって、絶対ほかにラクな方法がアル・ジャロウ(R.I.P. Chick Corea)とググったら、こうすれば良かったらしい。

(1)サンプルを一度にドラッグドロップしたところ
(1)サンプルを一度にドラッグドロップしたところ
(2)ある程度レンジを狭めてから
(2)ある程度レンジを狭めてから
(3)レンジを均一に割り当てる
(3)レンジを均一に割り当てる
(4)数が多い場合は、うまく割り当てられなかったぶんに対して(1)〜(3)を繰り返せばこのようになる
(4)数が多い場合は、うまく割り当てられなかったぶんに対して(1)〜(3)を繰り返せばこのようになる

同じように「キーッ!」となってる方がいらっしゃれば参考にどうぞ。

最近はリミックスのときと気分転換くらいのときにしかAbleton Liveを使わないので、こういうトンチに疎くなったなあとしみじみ。

Kontaktだと、まとめて突っ込むときに1サンプル1キーに簡単にできるのだけど、Ableton Liveのオーディオデータ(リージョン)を直接ドラッグで読み込むことはできないようで、なんだか惜しい。
2/23にLive 11にアップデートしたらこの辺がもっとシームレスになるんでしょうかね(たぶんならない)。