Tone2 Icarus 1.5がいい感じ

12/1に更新すると思ってたSpireですが、海外記事を誤読していて更新日が実は不明でした。
と、その隙に Tone2 Icarus が1.5にアップデート。

<a href="https://www.tone2.com/icarus.html">Icarus VST AU plugin - The best wavetable synthesizer</a>
Icarus VST AU plugin – The best wavetable synthesizer

Spireの1.3アップデートで機能がついにSerumを追い越したと書いたのに、IcarusはIcarusでまた絶妙なラインを攻めてSpireをパスしていったもんです…。
両者の攻めるラインがばっくり割れましたんで、キャラかぶりはほぼ無くなり、今後は用途に合わせて使い分けることになりそう。

虚空を見つめていたIcarusって子はもういません。翼も溶けません。それなりの目的地ができた様子。
まあ、言い過ぎですけどね。ひとまず僕にとっては有り難い方向に進歩してきてる感があります。

【レビュー】Tone2 “Icarus”

Spire 1.1.13 アップデート近し

スタックを送り込むFM合成が新鮮

今回の新機能で加わった、オシレーター間のFM合成。

「FMならオシレーター同士の合成はレゾンデートル(存在意義)やん」。

ごもっともなんですが、オシレーターに”和音発音”とか”ステレオ発音”とか”フランジャー”とか”WavetableのIndexのクロスフェード度合い”とかが付随機能としてやたらたくさんぶら下がってるじゃないですか。あれが削がれることなく、かかったままFMのモジュレーターとしてぶっ込めてしまう。なんと。
和音で鳴っている音をまるっとモジュレーター信号として使ってしまうってのは、理屈上あり得なくもないし強引でもない話だけど、実用性と負荷に心配があってあまりやらない。でも、やっちゃった…。

IcarusにせよElectra2にせよTone2製品は、愚直にオシレーターの発音を重ねるのでなく、発音を重ねたときに起こるウネリをアルゴリズムとして持っているんでしょうか。
その結果、他のソフトシンセみたいにユニゾン重ねて猛烈に重くなるなんてことが起きにくいのでは、と憶測します。

先日、久々にアンビエントトラックを作ろうと思ってThornをユニゾン発音にしてスーパーロングリバーブをかけたら好きな感じの音になったのだけど、さしもの現iMacでも同期落ちしまくりでぬか喜びに終わってしまいました。
それでも力ずくでトラックダウンはしたのだけど…。

【レビュー】DSAudioSoftware “Thorn”

質感

肝心の質感はというと、元のWavetableに何を選んだかにもよりますが、他のソフトシンセよりずいぶん厚みや複雑さ、それでいて軽さの感じられる音になりました。
ソフトシンセってより、かつてあのとき存在し得なかったむしろPCMシンセの上位互換という響きです。デジタルアナログなのにね。
特に折り返しノイズっぽいのが無いのがよい。
ただし稀にAlchemyのように音域次第で突然特定の高域が出てくることがあって、それをどうにかしなきゃいけないのがしんどいかな。

ざくっと音を作ってみて思い起こさせられるのは90年代後半。
PCMシンセ登場したてのころのサウンドの劣化版というか廉価版音源が量産された時期で、音色のバリエーションは少しずつ増えていくのにどんどん品質が落ちていった記憶があります(当時の自分の懐事情の見地から)。
その後サンプリングCDが歓迎されてゆくようになったきっかけの一つですね。
そうしたLo-Fiな音源がもしハイフィデリティで構築されたならこんな音色になったんじゃないかなという、(あくまで個人的に)たらればのパラレルワールドを手繰り寄せた感じです。

ソフトのFMシンセの難しいとこは、発想としては豊かな倍音を生成する合成方法なのに実装上は処理負荷対策で倍音が乏しくなってしまっていること。
Tone2 Icarus 1.5においては再三書いたようにおそらく処理負荷を別の方式で軽減してると思われ、倍音がかなり豊かに鳴ります。
今どきのPopsやアニソン系のキラキラしたサウンドもわりあい簡単に出せそうですよ。
あとサウンドロゴにありがちなシンセ系の鍵盤打楽器音も簡単に出せそう。

ひとまずどんなサウンドになるのか試してみたものを載っけておきます。

  • 例1:OSC3をOSC1のFMソースとして使う。OSC3はFM Sineを用いる。ベロシティでOSC1のFMの強さをコントロール。
  • 例2:さらにOSC1, 3ともにHyperStereo10を設定。さすがにFMがキツ過ぎたので弱めた。
  • 例3:さらにFilterにフォルマントを設定して、ModulationWheelに連動させた。
  • 例4:OSC3を和音で発音するようにして、OSC1にFMで送る。Filterは解除した。

上の例で鳴らしたシーケンスはそのままに、音色だけいじってサウンドロゴっぽい感じにしてみるとこんな感じ。

もともとがWavetableであることは今さら書く必要ないのだけど、出音にWavetableっぽさはほとんど感じられず、かといって減算系の響きでもPD系でもFMでもないリッチさがあります。
考えようによってはWavetableの醍醐味を失っているとも言えそうですが、今まで作りにくかった”Hi-Fiだけど平べったくないソフトシンセの音をレイヤーせずに作る”領域が新たに切り開かれた印象。
重ね重ね、これは処理負荷をおそらく他社と別の方針でどうにかした面が大きいのではないかと思われます。

他の合成、加工方式

FM以外に新たにAMの方式が加わったのはいいとして、過去記事でも触れている膨大な合成、加工方式が今どのくらいまで増えたのか。
当時とはメニューの表示方法が変わったのでPDFマニュアルからコピペしようと思ったら、昨年6月からマニュアルが更新されていませんね。
しょうがないので人力でリストアップするとこの通り。

Play Mode Wave Shape Morph Modes
  • Mono
  • Stereo
  • HyperSaw
    • HyperSaw 3
    • HyperSaw 5
    • HyperSaw 7
    • HyperSaw 9
    • SuperSaw
  • Stereo HyperSaw
    • HyperStereo 4
    • HyperStereo 6
    • HyperStereo 8
    • HyperStereo 10
  • Unison
    • Unison 2x
    • Unison 4x
    • Unison 4x Stereo
  • Stack
    • Stack 2:1 Octave
    • Stack 3:1
    • Stack 4:1
    • Stack 5:1
    • Stack 3:2 Fifth
    • Stack 5:2
    • Stack 4:3 Quart
    • Stack 5:3
    • Stack 5:4 Major
    • Stack 6:5 Minor
    • Fifth Oct
    • Oct 4
    • Oct 4 Stereo
  • Autochord
    • Third Maj/Min
    • Third Maj/Min 2
    • Third Maj/Min 3
    • Chord 1
    • Chord 2
  • Flanger
    • Flange 3x
    • Flange 5x
    • Flange Stereo
  • Tuning
    • Semi
    • Interval
    • Pitch
  • Basic
    • Basic Waveforms
    • FM OPL3 Wave
    • SawSquareSine
  • Bell
    • Bells 1
    • Bells 2
    • Bells 3
  • Drumset
    • Drumset 808
    • Drumset 909
    • Drumset Chip
    • Drumset Crisp
    • Drumset Tone2
  • Filter
    • Additive Impulse
    • Additive Saw
    • Additive Square
    • Bandlimit P Odd
    • Bandlimit Pulse
    • PD Saw Sine
    • PD Square Sine
    • Sync Win
    • Sine N
  • Harmonics
    • AM Sine
    • Fractal 1
    • Fractal 2
    • Fractal 3
    • Fractal 4
    • Harmonics
    • Sine 2x
    • Sine PrimePairs
    • Spectral 1
    • Spectral 2
    • Spectral 3
    • Spectral 4
  • Mixed
    • High Freq
    • Mixed 1
    • Mixed 2
    • Mixed Asym
    • Mixed Serial
    • Waves
  • Noise
    • FX Bitnoise
    • High Noise
    • Random Step
    • Spectral Noise
    • WhiteNoise Loop
  • Organ
    • Organ Distort
    • Oran WT
    • Organs 1
    • Organs 2
  • PWM
    • Alpha1
    • Alpha2
    • Jun0X Hoover
    • Jun0X PWM
    • Noise Square
    • Square PWM
    • Square Saw
  • Reso
    • Formant Saw
    • Formant Square
    • Formant Tri
    • Harmonix
    • Laser 1
    • Laser 2
    • Laser Crush
    • Laser Reso
    • Reso Analogfilter
    • Reso PD Asym
    • Reso PD Sym
    • Reso Saw
    • Reso Square
    • Sine WT
    • Sync Saw
    • WindowSaw
  • Saw
    • Saw Comb
    • Saw N
    • Saw Ramps
    • Saw Triangle
    • Saws
  • Square
    • Square N
    • Square N2
  • Stacked
    • Iterations
    • Iterative Org
    • Iterative Saw
    • Saw 2x
    • Square 2x
  • Vocal
    • AeerAlias
    • Voice Dreams
    • Voice Game Over
    • Voice Musical
  • Wobble
    • Crush Band 1
    • Crush Band 2
    • Drone
    • Keen
    • Modulo
    • Wobble1
    • Wobble2
  • None / Partial
  • PW / PhaseDIstort
    • PW
    • PhaseDist PW
    • PhaseDist Saw
    • PhaseDist Squ
    • PhaseDist X2
    • Mirror
    • Grunge
  • FM
    • FM Sine
    • FM Sine 2x
    • FM Sine 3x
    • FM Square
    • FM Saw
    • FM<-Osc3
  • Sample
    • Sample
    • Sample Loop
    • One Shot Wave
  • Harmonic
    • Harmonic Key
    • Harmonic
    • Hollow1 Key
    • Hollow2 Key
    • Hollow3 Key
    • Hollow4 Key
    • Hollow
  • Formant
    • Formant
    • Formant Cross
    • Vocoder
    • Granulator
  • Filter
    • Lowpass Fade
    • Highpass Fade
    • Highpass
    • Bandpass 1oct
    • Bandpass 2oct
    • Bandstop 1oct
    • Bandstop 2oct
    • Sine Fade
    • F0 Cut Fade
  • AM / Ringmod
    • Ringmod Key
    • Ringmod Fade
    • Ringmod
    • AM Key
    • AM Fade
    • AM
    • AM<-Osc3
  • Waveshape
    • Waveshape
    • Shape<-Osc3
  • Sync
    • Sync Squ Key
    • Sync Squ
    • Sync Saw Key
    • Sync Saw
  • Comb
    • Comb 2x
    • Comb 3x
  • Stack / Chord
    • Stack Octave+
    • Stack Octave-
    • Stack Harmon+
    • Stack Harmon-
    • Chord 2x
    • Chord 3x
    • Interval
    • Jodel Chip
  • Noise
    • Noise White
    • Noise Pink
    • Noise Tuned
  • Lofi
    • Spirit
    • Analog
    • Low CPU
    • Aliasing
Filter Type Drive  FX
  • Lowpass
    • LP Digital 12dB
    • LP Digital 24dB
    • LP Butter 24dB
    • LP Curtis 12dB
    • LP Curtis Analog
    • LP Tone2 24dB
    • LP Tone2 Analog
    • LP Tone2 Scream
    • LP 303 18dB
    • LP 303 Analog
    • LP Chain 6-48dB
    • LP Elliptic
    • LP Octave
    • LP Shaped
    • LP AM
    • LP HighQ
  • Highpass
    • HP Digital 12dB
    • HP Analog 24dB
    • HP Analog 12dB
    • HP Chain 6-48dB
  • Bandpass
    • BP Digital 12dB
    • BP Digital 24dB
    • BP Analog 12dB
    • BP Analog 24dB
    • BP Boobs
  • Equalizer
    • EQ Notch
    • EQ Peak Tight
    • EQ Peak Medium
    • EQ Peak Wide
    • EQ Shelf Tight
    • EQ Shelf Wide
    • EQ Bandlimit
  • Vocalic
    • Vocal A
    • Vocal U
    • Vocal I
    • Vocal IEA
    • Vocal AOU
    • Vocal IYU
    • Vocal IEAOU
  • Phaser
    • Phaser 2x
    • Phaser 2x FB
    • Phaser 3x
    • Phaser 3x FB
  • Comb
    • Comb+
    • Comb-
  • Fractal
    • Fractal LP 1
    • Fractal LP 2
    • Fractal LP 3
    • Fractal LP 4
    • Fractal FO 1
    • Fractal FO 2
  • Ringmod / FM
    • Ringmod
    • Ringmod LP
    • Ringmod LP2
    • FM Lowpass
    • AM
  • LoFi
    • Resampling
    • Sample & Hold
  • Physical modeling
    • Phys Guitar
    • Phys Flute
    • Phys Odd
    • Phys Even
  • Distortion off
  • Saturate
  • Soft Clip
  • Hard Clip
  • Rectify
  • Bitcrush
  • Warp
  • Waveshape
  • Ripple
  • Volume
  • Off
  • Reverb
    • Reverb Medium
    • Reverb Big
    • Reverb Plate
    • Reverb Glass
    • Reverb Dark
    • Reverb Infinite
    • Reverb Feedback
    • Reverb Spring
    • Reverb Trance
    • Reverb Cheap
    • Reflections
  • Delay
    • Delay Wide
    • Delay Fat
    • Delay Diffuse
    • Delay Band
    • Delay Classic
    • Delay Dual
    • Tape Delay
    • Multitap
    • PingPong
    • Echo / Slapback
    • Resonator
  • Chorus
    • Chorus
    • Smart unison
    • Ensemble
    • Vibrato
    • Vibrato Stereo
    • Rotary
  • Phaser
    • Phaser
    • Phaser Stereo
  • Flanger
    • Flanger Flanger Stereo
  • Panning
    • Autopan
    • Surround Pan
  • Equalizer
    • EQ High Cut
    • EQ Low Cut
    • EQ Param
    • Laser Punch
  • Distortion
    • Saturate
    • Soft Clip
    • Harc Clip
    • Rectify
    • Bitcrush
    • Warp
    • Waveshape
    • Ripple
    • Amp Sim
    • Multiband Distortion
  • LoFi
    • Degrader
    • Multiband Degrader
    • Noise
  • Stereo Imaging
    • Stereo Width
  • Dynamics
    • Tremolo
    • Compressor
    • Trancegate

つまり、これら膨大な部品が掛け算の方式で処理されていきます。
指数的爆発にも驚きますが、加えて調律やWavetableを自作かつ細かく編集できるわけで、化け物的な機能を備えていると言えるでしょう。
それだけに自力でオリジナル音色を作っていくとなるととてつもない労力を強いられることになるので、有用な音色が提供されることに期待をかけます。

そんなわけで、僕としてもまだ真価を測りかねてるところがあるので、当面、色んな場面や用途で使っていってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA