【レビュー】Toontrack “Superior Drummer 3”

というわけで、Superior Drummer 3のインストールと動作確認をざっと行いました。

Superior Drummer 3 | Toontrack

Superior Drummer 3 | Toontrack

メーカーサイトでの購入する際の注意

このメモを書き始めたときから1週間経ったのでもしかしたらもう修正されているかもしれませんが、メーカーサイトでアップグレード価格で購入ボタンを押してカートに入れると、カート確認画面のすぐ上部に新規購入価格のリンクが表示されてうっかり踏みそうで非常に紛らわしい

それにつけてもDLの遅さ

海外の幾つかのメーカーのサポート情報を読むかぎり提供側の問題であることも多いそうです。
DLに膨大な時間を費やされたSpitfireやThree-Body Tech “Heavier7Strings”同様、このSuperior Drummer 3(以下 ‘SD3’)も、極端にダウンロードスピードが遅い場合はサポートに連絡すると別のダウンロードURLを用意してもらえるようです。

では国内代理店から購入して同様のケースにエンカウントした場合は…というと不明。
どこで購入しようが結局専用ソフトを通じてインストーラーをダウンロードするということであれば、代理店に問い合わせても効果ない可能性があります。

うちがそもそも暴力的にネット環境がよくなくてDLに1週間半以上かかったわけですが、そんな待てるかバカヤローって方は「CORE SOUND LIBRARY HARD DRIVE (OPTIONAL)」を追加注文したほうが心の平安にはよろしいかと。

Product ManagerによるDLとは別にサイトから直接DLする選択肢もありますが、ここでDL可能なのはソフトウェアのみで、肝心の重量級ライブラリーはあくまで Product Managerを通じてのみのDLとなるっぽいです。

Product Managerって形式やめてくれんかなあ

<a href="https://www.toontrack.com/product-manager/">Product Manager</a>
Product Manager

ダウンロードやライセンス管理に使用するマネージャーソフトってスタイルが業界で流行っていて、確かに便利ではあるんですが、たとえば初めて聞くメーカーによるマネージャーソフトなんてどんな動作不良があるかわからんのでハッキリ言ってやめてほしい。
国内代理店もそのソフトにマルウェアの疑いがあるかどうかまで確認していないんじゃないかと思いますし。

ひとまずToontrackのProduct Managerについては、いちおう老舗なので信用しています。
他メーカーのそれと比べても圧倒的に情報が見やすいのはGood。

Superior Drummer 3 アップデート&インストール

Toontrack Superior Drummer 3 が出そう

アップデートを通じてSuperior Drummer 2が使用できなくなるかどうか。これは大事なポイント。
サイトトップにこう記されています

LEGACY VERSION DISCONTINUED.

Now that Superior Drummer 3 is released, the legacy version is discontinued and removed from the Toontrack Superior Line. It will however still work and be supported throughout the transition.

Content from the S2.0 Producer Presets Line can be opened in Superior Drummer 3 but is discontinued and no longer supported.

つまり「当面、今まで通りお使いいただけますが、サポート対象外」なので、たとえば勢い余って SD3 コンテンツもしくは SD3ソフトだけ先行してアップデートしてしまったとしても、制作中の楽曲データに影響が出るということはなさそう。ただし当面
SD3アップデートさえしなければSD2のまま使い続けられるとも言えます。

SD3 アップデートにあたってのライブラリの追加と更新

上掲 Product Managerの画面でも見えますが、 SD3に対応するSDXライブラリーが一部アップデート対象になります。
うちでは Avatar S2.0(現在は商品名が変更されているはず)、The Metal FoundyおよびThe Progressive Foundryもアップデート対象になり、EZXエクスパンションは対象外。

コアにあたるライブラリーは、Basic Sound Library, Room Mics, Surround Setup, Height Surround, Additional Bleedの5つに分かれていて、それぞれ分割してDLされます。

なお、インストールはかなり時間がかかります。

旧ライブラリを使用したユーザープリセットは、ものによっては機能しなくなります。
これはSD2のライブラリがSD3のライブラリに置き換わってしまうためと考えられ、以前のSD2のライブラリをそのまま新たに設定に加えることのできない仕様である(っぽい)以上、現バージョンではどうしようもないと思われます。
サポート外とされつつも意外と打撃としてはデカそうなので、いずれアップデートで対応されるのではないでしょうかね。

初代dfhのパーツは今のところ一切ロード不可です。したがってCocktail、PercussionistもSD2で読み込むしかありません。

The only exception is the original DFH Superior 1 library. This library is incompatible with Superior Drummer 3.

Superior Drummer 3 FAQ | Toontrack

画面、操作感

わかりやすいようでいてパッと見は慣れませんが、大まかな部分は部品の配置が変わっただけなので、数回使ったら慣れそうです。
前のバージョンで画面が窮屈になってしまっていた箇所が見やすくなっています。

前のバージョンでは左クリックでドロップダウンが出ていた、ドラムパーツの入れ替えアクションは、右クリックもしくは画面上部のドロップダウンで行います。
そうしたマウスの移動距離や画面切り替えに関してはBFD3やAddictive Drum 2と比べると幾分マシで、どちらかというとNI Kontaktのドラム音源の操作感に近いのではないかと。

サウンド感

こんな感じで打ち込んでみました。
こんな感じで打ち込んでみました。

何かが格段によくなったという感じは今のところありませんが、個人的にはスネアのボトムがステレオチャンネルになったお蔭で、デッドなミックスにしてもチープにならなくて助かります。
Indie系(インディーズってのとは別)の若々しいラフなサウンドがだいぶ作りやすくなりそう。

ブラシのサウンドも少し聞こえやすくなりました。ただし相変わらず曲中でのスティックの持ち替えは無理っぽい。
自分が頻繁に使っているタムのリムショット(スクショでいうと右端で高い音程ノートを打ち込んでる箇所)は効果的になるものとそうでもないものと結構差が大きいかもしれませんが、BFD3ほどではなさそう。

起動直後のデフォルトセットがGretchになっているためか、ずいぶんLo-Fi趣味のサウンドに聞こえちゃいますが、Pearlの音が比較的J-Pop向きで使いやすそうなので良しとします。

最終出力が奏者視点とオーディエンス視点、要するにハイハットが右から聞こえるか左から聞こえるかって点にこだわる人いますね。
前バージョンはリバースボタンついていましたが、本バージョンではMIXERメニューにStereo Reverse Mixerという項目があります(いや、そういうことじゃないんでは…?と思いながらも)。

ちなみに、旧版ではSonorのドラムセットが大きくフィーチャーされていたのですが、SD3のライブラリーからはほぼ消え去り、Ayotte率が急激に高くなっています。
ドラム界の勢力、僕は知らんのですが、何か物言いが付いた可能性も全く無いわけじゃないかなあと思ってます。
うちの会社のセット商品は他のメーカーのものと組み合わせないでほしいといった注文をつけるメーカー(楽器に限らず)もたまにありますんで。

GROOVES機能

GROOVES機能
GROOVES機能

早い話、よくある「打ち込み面倒なのでプリセット使う機」で、これまでDAWの画面にドラッグしていたのがプラグイン画面の中で扱えるようになってます。
打ち込むのが面倒なときや、リズムパターンに揺れが欲しい場合には重宝ですね。

テンポ追従モードがあるので、安定動作するのか確認も兼ねて書き出してみました。


今のところまだ濃い制作作業には使っていませんが、実際の作業で使ってみて改めて本レビュー記事に書き足しを行うかもしれません。


1.0.2 Update

アップデートが出たよとメールが届いたのですが、何がどう変わるのかProduct Managerを見ても書いていません。
調べてみたところ、アップデートが出る際にはforumにてアナウンスされるようです。
ふだんMacのApp Storeに慣れているせいでアプリ内で確認できると思い込んでいたとはいえ、forum内の特定の板ってのはちょっとわかりにくいかな…。

内容

主にクラッシュ対策がポイントで、他にサウンドカードやDAWのサンプリングレート変更がクラッシュを引き起こしてたり、新しいTracker機能周りが結構不安定だったらしいです。

Superior Drummer 3.0.2 is now available to download using the Product Manager or from the ‘My Products’ area in your Toontrack account. Please note that version 3.0.2 is required for the support of Superior Drummer 3 products released from this point forward (Q4 2017).

New:
– MIDI files can now be dragged to the result area in Grooves, provided that a single path is selected within the User MIDI folder.
– More tooltips have been added in the grid editor.

Fixed:
– Selecting certain sounds from certain libraries (in Search for Instrument, for example) could cause a crash.
– The Tap2Find player could crash when you changed presets that remapped the drums.
– It is no longer possible to MIDI learn the pitch wheel.
– Loading or saving Velocity Curve presets on a stack could cause a crash.
– Choosing “Select Parts” in the library preset menu could end up selecting the wrong preset.
– If ‘undo’ changed number of instruments and Edit Play Style was open, it could crash.
– A crash and a bug in text search has been fixed.
– A bug with copying notes in the grid editor has been fixed.
– Changing presets while having Song Creator open with a source loop could cause a graphical glitch.
– Right click in the time signature editor no longer deselects all other regions.
– A change of sample rate on the sound card should now get correctly handled by the standalone.
– The favorite setting (star on/off) in Grooves was not loaded properly from projects.
– Browser settings in Search for Instrument (visible columns, etc.) were not saved in projects.
– Bounce would never use processed pitch.
– Undoing stack manipulation with inactive stacks could cause a crash.
– Adding new mics or opening Search for Instrument while sounds were being loaded could cause a crash.
– It was not possible to add a groove from the song track to User MIDI if it was an altered version of something already found in the browser.
– The graphics of Electronic and Southern Soul EZXs have been adjusted.
– Dragging a custom song block (with no file path) to Song Creator made the “Source File” unplayable and undraggable and it also incorrectly had “Show in Browser” enabled.

Fixed in Tracker:
– The playhead position in the scrollbar was not updated while playing.
– Buffer and sample rate changes were not handled correctly.
– Files with the extension “.midi” can now be imported as tempo maps.
– The tempo map is now cleared when New Project is selected.
– The sample position did not get synced when a track was added while playing.
– Find Tempo did not always work with multiple time signature changes.
– Some precision could be lost on found hits when loading a project.
– When looping, the triggered MIDI and the original sound could become unsynced.
– Selecting New Project while having the Tracker tab open could cause a crash.


操作性 ★★★★☆
レスポンス ★★★★★
音質 ★★★★☆

【レビュー】Toontrack “Superior Drummer 3”」への3件のフィードバック

  1. makouさん
    こちらも詳細に教えて頂き、本当にありがとうございます。
    多少なりとも軽くなってるなんて・・ちょっと意外でした・・購入順位をあげることにしました。

  2. こんにちは、SD2からのUPGRを考えているのですが、1点知りたい点があります・・標準的な立ち上げでのメモリ使用量はどんな感じでしょうか?・・Disk使用容量が驚異的に増加しているようなので、読み込み容量も驚異的に増えてしまうと、ハードそのものを見直さないと対応できないかもと、憂慮しております・・可能でしたら、教えてください。

    1. デフォルトの読み込みセットでのメモリ使用量は前のバージョンと変わりませんね。むしろちょっと軽いかと思うくらい。
      サラウンド用データの読み込みがデフォルトでオフまたは優先度激低になっているためと思われます。

      サラウンド用データが多少なりとも響きに影響するのであればと思って念のためインストールしたのですが、よほどのこだわりがなければ基本セットのみのインストールでいいかもしれないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA