Single Cycle Waveform Editor, Webcassette

Web Audioの仕組みを使っていると思しき、 Single Cycle Waveform Editor および Webcasette をご紹介。

Single Cycle Waveform Editor

Single Cycle Waveform Editor

Single Cycle Waveform Editor

Single Cycle Waveform Web Editor

Single Cycle Waveform Web EditorはGoogle Chromeなどのブラウザで動作する波形生成/編集アプリケーションで、昨年の10月頃には既にお披露目になっていたみたい。
ローカルのデータをインポートさせることもエクスポートさせることもできますが、エクスポートするときはこっちからでないとダメっぽい。

SerumだのIcarusだのに使うオリジナルのWavetableを作る作業は地味にしんどくて、昔は1周期分の波形データをただ書き出すだけのWindows用のアプリなんかがあったよなあなんて頭を過るのですが、これがあれば多少ラクにはなるかもしれません。
今のところフリーで使えるようですが、将来的には部分的に課金することもあるようです。

  • Right now there is no cost to using the editor, and we won’t be charging for use. However, we reserve the right (at some point) we to charge for content packs, machine-formatted sample packs or API access to the related libraries.

Webcassette

WEBCASSETTE

WEBCASSETTE

Klevgrand.seからのメールで知ったWebcassetteは、カセットテープ風のサウンドに加工するエミュレーターで、なかなかクオリティが高いです。
けっこうなサイズのオーディオデータ(圧縮、非圧縮どちらも可)をアップロードして聞くことができます。
ほぼ死語となっている「早送り」「巻き戻し」の効果がポイント高い。
残念ながら、アップロードしたものをほかの人に聞かせる仕組みはないようで、いずれそうなったらまた面白いことになるのではと思います。

We’re constantly exploring new areas, trying out new technologies and concepts.

新しい分野の開拓に勤しんでいるそうなので、さらに色んなものが登場することに期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA