MAKOU.COM

logic pro x tips & some more.

Neutron(iZotope)

僕が後から報告するまでもなく、藤本さんの人工知能プラグイン、Neutronはホントに使い物になるのか!? : 藤本健の“DTMステーション”でレビューが上がってましたんで、そちらを御覧ください。

急きょミックス作業が発生したので、今更感あるけど、この機会にNeutronを導入してみた。
…のだが、実はインストールに至るまで地味にすったもんだがあったので、そのメモも兼ねての内容となる。

まず、Neutron入れるならこの際とMusic Production Bundle 2(以下’MPB2’)をPayPalで購入したのだが、それに先立って先週これまた制作で必要になってIris2も導入していて、それもPayPalで購入した際に問題が起きていたのだった。
PayPalの決済自体は滞りなく済んだものの、iZotopeからいっこうに連絡が来ないので使用できない。
これが2度続いてしまったのでWhat’s wrong with me…?と尋ねたところ、時たまPayPalでの確認メールがiZotopeに届かずに客のほうに送信されてしまうことがあるそうだ。

続いて、インストールの段に移ると今度はスプラッシュスクリーン直後にインストーラーが強制終了してしまう。
ググってみたところ、海外の掲示板で、MPB2のインストーラーがダメでも個々のインストーラーをダウンロードすれば動くよと報告されていたので、同様に試すがやはり強制終了する。
この間ワケあってHomebrewいじったのが良くなかったのか…などと思ったけれども、結局セーフモード(Shiftを押しながら起動)でインストールできたことを併せて報告しておく。

さてMPB2はおトクなのかという記事もたしか掲載されていたありんこ書房さんのブログに、Neutronはモトの音がちゃんと作られてなければその実力を発揮しきれないと書かれていた。
今日実際ミックスで一瞬だが使ってみて、全くその通りだと思った。

もう少し機能を精査しなければ勇み足に過ぎない感想になるのだが、今のところ、各プリセットとも特段斬新な技術が使われているわけではなく、わりと基本と思われる設定がメニューに備わっているだけに感じてしまった。
相応しい音になるってより’ぽく’なるという印象で、それらしい堂に入った音楽に仕立てていくには十二分に役立つと思うけど、「助けて!ミックスが上手くいかないの!」と泣きつく最後の手段にはあまりならないんじゃないかな。
スマートな音にはなるけど、攻めた音作りや、プリセットでは対処し切れないこの曲だけのための特殊な音作りをしたいってときには、Neutronを使いこなせるだけの予備知識がやっぱり必要になると思われる。
ブリリアントな音に聞こえる!って部分にもし凄さを感じている人がいたとすれば、前に少し取り上げたRothmann – Music Producer // Audio DeveloperのRothAIRなんかはフリーでそれなりの効果が得られるわけで。

で、MPB2を購入するのはそんなにおトクでもないというのも同意見。
まとめて購入して来たるべき日に備えるというならいいかもしれないけど、Neutron以外に導入後即戦力っていうほどの価値を持つものはバンドルされていないと思った。
個人的にNectarでのコンプ並列処理はとても気に入っている(ほとんどのDAWでプラグインの並列処理ができないので)のだけど。

ともあれ、まずはもうちょっと使ってみて「なるほど、これは!」って部分があれば改めて記したい。
ひとまずいま作業中の曲には使わなかったとだけ。

星評価もまた後で。

カテゴリー:プラグイン, ミックス

タグ: