Oscarizor 使い方メモ

ビジュアライザーとしてドイツのSugar AudioのOscarizorを入れてみた。
バージョン3になり、さらに機能が充実した模様。

Oscarizor – 2D/3D Multi Channel Spectrum Analyzer Audio Plug-In

曲はさておき、ビジュアライザーの動作が、ヒュー…そそるぜ…。

ところがインストールしたはいいものの、操作方法がいまひとつよくわからなかったので、メモっておこうと思った。

Oscarizor? まず何を…

ステレオチャンネルのオーディオインサートにOscarizorを挿し、PresetsをクリックしてFACTORYタブの「B Version 3 introduction video」の中のどれか選べば、上の動画中で使われた設定でビジュアライザーを眺めることができる。

下部のパラメーターで数々の設定を行えるのだけども、個々の表示モードに対する設定が全て羅列、つまりたとえばGONIOを選んだ場合には機能しないボタンやノブなども並んでしまっていて、そのため大量のパラメーターがあるように見えてしまっている点に注意。

MAIN

下部のAIOはAll In Oneで、設定が横一列にズラッと並ぶのだが見づらいのでOFFにしたほうがよさそう。

その上のFUNCTIONにはSCOPE, SPECT, GONIO, COMB-3, COMB-2, WATERのリストがあって、ここで表示させるビジュアライザーの種類を定める。

CTRL, SYNCは必要時以外触れることないだろう。CHANは描画させるオーディオのデータに対する基本的な設定。

CHANNELS

ここがたぶんわかりにくいところなので、いったん後回しにしておく。

TOOLS

FFTの設定は一般的なもの。TILTは傾斜を与えるもので、ちなみにここ数日Tilt EQなる概念(Fabfilter Pro-Q 2には備わっている)が少し注目を集めてるようだねえ。

TOOLSのCORRはCorrelation。
GENはサイン波を発音させる。CHANNELSの設定次第でビジュアライザーに反映できたりできなかったりする。サイン波の周波数はキレイにスウィープしないのでレファレンス用と割り切ったほうがいいが、レファレンス用ならピンクノイズも用意してもらいたかったところ。

MODは割愛。

GFX

それぞれの描画スタイル(マニュアルから)
それぞれの描画スタイル(マニュアルから)

グラフィックの設定。
縦横の縮小率は3D1のGAP, SPREADで設定してしまいたくなるが、どっちかというとこれは解像度の設定なので描画負荷の調整に使うものと考えたほうがいいかと思う。
BARは、値を大きくすると昔のRecycleっぽい見た目になる。その他、いろいろカラーに対する設定があるけども、ビジュアライザーの根幹に関わるものというより、ぶっちゃけ飾り付け程度のものなので、そんなにこだわる必要もないかなと。

LGT1のところにMOUNT, BARS(ビット絵ぽくなる), CYL(シリンダー;円柱), TUBE(管)の4種の3D描画スタイルが備わってる。CYLとTUBEの違いがよくわかんないけど、TUBEのほうが高い周波数を拾いやすいようだ。

マウス操作とショートカット

ビジュアライザー部分は、

  • マウス左クリックからのドラッグ
  • マウス右クリックまたは⌘+左クリックからのドラッグ
  • マウスホイールで拡大縮小

で、動かせる。オートメーションはできない模様。

ESC, Enter, A, D, F, G, H, M, N, O, P, T, X, Z, ←, →, 1, 2, 3, 4で各表示のON/OFFを変更可能(詳しくはマニュアル見たほうが早い)。
パラメーター表示部分を隠せば

ビジュアライザー部分および各ノブはダブルクリックでデフォルトの値に戻る。

クイックヘルプ

ボタンやノブにマウスポインタを合わせると小さく(英語で)説明が出る。
残念ながらビジュアライザー部分には現れないので、上記ショートカットについて「マニュアル見たほうが」と書いた。

マルチチャンネルでの仕組み

これだ、少々わかりにくいのは。
早い話が、見えないミキサーがOscarizorの中に備わっていて、番号を見て合わせろってことになる。

まず、マルチチャンネルとして描画させたいトラックそれぞれにOscarizorをインサートし、それぞれ別のSND(send)チャンネルを指定する。
描画したいチャンネルをRCV(receive)のチャンネルに設定して[S](show)ボタンを押し、CHANNELSのPARALをONにすれば各FUNCTIONともマルチチャンネル状態で表示される。

カメラコントロールもできるといいのだけど、とりあえずこういう動作になったね、と。

いまどきは、もうこのくらいちょちょいとできる若いアーティストも増えてると思うのだけど、僕のようなおじさんはツールに頼るしかないので、ありがたいプラグインである。
欲をいえば、もう少しアナライザーとしての機能が充実してほしいとこではある。
ちなみにVJ用途には適さない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA