LISTENTO なる DAW 出力垂れ流しプラグイン

Audiomoversという新興メーカーがリリースしたLISTENTO。

https://audiomovers.com/

AudioUnitsのAUNetSendとAUNetReceiveのグローバル版といったところか。

有用性

表題の通り、トラックに挿してネットにストリーミング出力するもので、とりあえず1週間無料で試用できる。
今のところ何に活用できるかあまり思いつかないのだけど、たとえば

  • 今こんなの作ってまーす的なものをトラックダウンしてMP3に変換してどこかにアップロードして伝える手間が省ける
  • 遠隔地でレコーディング中のボーカルに準リアルタイムで、もっとこう歌ってああ歌ってと指示を伝えやすくなる

といったところか。
先日、とある仕事で急きょボーカルレコーディングが必要になって市内でレコーディングしたのだけど、納期と同日であるにも関わらず求めるものが今ひとつわからなかったので、ミキサーからの音をSkype越しに先方に聞かせて意見を聞くってことをした。
Skypeで音楽を流すと、試したことのある人はわかると思うのだが、レイテンシー調整のために突然テンポが早く聞こえたりしてあまりよろしくない。
専用回線を持たない零細の事業主である制作者にとっては、出力をストリーミング配信できるというのは何かと確実性が増して有用かと思う(料金はさておき)。

LISTENTOのセットアップ手順

必要なのはDAWとブラウザのみか。スマホアプリもそのうち出るかもな。
プラグインの画面はスッキリしていて見やすい。

LISTENTOのフォーマットなど

ストリーミングの音声フォーマットは、

PCM 16Bit, PCM 32Bit, AAC 128Kb, AAC 192Kb,
AAC 256Kb (MacOS only), AAC 320Kb (MacOS only)

PCM 32bitまである。AAC 96kbpsもホントはあるのだけどサイトには記されてない。
うちで試したところAAC 128kbpsでレイテンシーは0.8秒くらい。
圧縮率の低いフォーマットになればレイテンシーは大きくなるが、AAC 96kbpsでも充分聴ける音質だった。
利用者が増えた場合に通信が重くなるかは定かでない。

送信側で音声フォーマットを変更すると、受信側でも即座に音声フォーマットが切り替わる。
送信側でサンプリング周波数を変更した場合は、受信側の表示が切り替わらない。聞こえ方に変化はないのでまあいいのだけど。

対応プラグインフォーマットは、

PC and Mac in VST/AU/AAX

This new plugin makes it easy to stream audio from your DAW to the web so that anyone can hear it | MusicRadar

サブスクリプション形式で、本ちゃんでは1週間$3.99(440円くらい)、1ヶ月$9.99(1,100円くらい)、1年間$99.99(11,000円くらい)をPayPalで支払う形になるっぽい。

AudiomoversのFAQページを見ると、NetSendするだけでなくNetReceiveするプラグインもあるようだが、うちでは見つけられなかった。
というか、サイト内随所で大事な情報が欠落してるようなのでまだまだ準備段階…なのかな。

追記:8/14付けでReceiverが登場した模様。そのほか32bit Windows用バージョンも登場。またクライアント再度でのレイテンシーのコントロールもできるようになったようだ。

受信側がブラウザ上で設定できる項目は一切ない。
そうすると、たとえば家庭内でほかの家族がネットゲームしてたりYoutubeを延々と流し続けてた場合、受信側では充分な音質で聞けない可能性がある(自動的に転送レートが下がるのかもしれないが)。

あちこちに綻びはあるもののユーティリティとしては上出来だと思うので、活用を考えてみてもいいと思う。
せっかくクロスプラットフォームでプラグインフォーマットにも複数対応してるから多くの環境のコモディティアイテムとなってくれたらいいなと思うけど、有効な活用術が提案されたなら早晩Avidなど大手DAWメーカーに買い取られる可能性もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA