Three-Body Tech ” Heavier7Strings “

気になってたメタル系のソフトウェア・ギター音源、 Heavier7Strings を導入しました。

http://www.threebodytech.com/
Three-Body Tech - Heavier7Strings
Three-Body Tech – Heavier7Strings

Heavier7Strings いかに?

価格

価格が現在特別価格扱いで2万円程度。
同じ部類の音源に当たるVir2 Electri6ityがパッケージ版で5万5千円程度、MusicLabのRealEight 4 がエフェクター機能を備えていないこともあって2万円半ば弱、ってのと比較すると、妥当な価格かと思います。

メーカーのサーバーが頻繁に落ちるようなのでテキストリンク。
» http://www.vir2.com/instruments/electri6ity/

デザインとGUI

デザインは少し古くさいかな…。
GUIも見やすいとは言いにくい。
だけど、CC(コントロール・チェンジ)のナンバーがすぐ見られるのは便利。

操作性

いまどきの音源にしてはKontakt用の音源ではなく単独の音源。
スタンドアローンでの動作も可能。

同じ中国北京の会社Ample Soundの製品はスタンドアローンでこそ動かないものの、やはりKontaktを使わずに動作します。
Ample Sound同様にフレームワークを流用して姉妹製品をリリースする可能性も高いのではないか。

操作性についてですが、Jordan Rudessがキーボードで演奏している動画で察せられる通り、キーボード演奏での合理性が重視されたっぽい。
違う言い方をすると、キーボード演奏が上手くない人には少し使いにくいかもしれません。
ベロシティのバラつきやタイミング調整を、打ち込み後に行う手間がかかりますからねえ。

Vir2のElectri6ityと比べると圧倒的に読み込みが速く、奏法の切り替えも直感的で、ビブラートもかけやすく、ピッキング・ハーモニクスがそれなりにきちんと鳴らせるタイプなので、制作作業はわりとラクそう。

メーカーのサーバーが頻繁に落ちるようなのでテキストリンク。
» http://www.vir2.com/instruments/electri6ity/

ギタリストじゃない人や、ギタリストでもメタルをかじってこなかった人にとって、今どきの国内向け制作でのギターパート作りはなかなか面倒だと思うんで、悩むことなくそれっぽい音になるHeavier7Stringsは大きな救いになるんじゃないかなという気がします(メタルっぽいギターを!とギタリストにお願いしたらジミ・ヘンっぽいファズ・サウンドを送ってきて「それじゃないんだよなあ」と思ったのが懐かしい)。

欠点がないわけじゃありません。
ギター自体のバリエーションが少なく、MusicLabのRealStrat等にもあるようなオマケ奏法(ピックスクラッチとか)は備わってないようなので、ライブ感のある打ち込みはちょっと難しいかもしれません。
またビブラートはトレモロ・アームでのビブラートで、シンセ同様に記譜上の音程を挟んで上下に揺れるスタイルなので、チョーキングによるビブラート(=記譜上の音程より低くならない)っぽくするにはピッチベンドに頼りがちになりそうです。
そうすると、ピッチベンドのMIDI情報の利きが悪くなってしまいがちなLogicにおいてはシン・アウトの手間がかかります(Logic Pro X : InterpolationとThin Out)。とはいっても、Electri6ityのビブラートよりよほどわかりやすい。

あとは…そうだなあ、アクティベーションコードをコピペできないとか、Enterキーが利かないとか、見慣れないインストーラーが裏でマルウェアをインストールしていたらどうしようって不安があったくらい。
それから、試しに使ってみて、ピッチが安定し過ぎているとも思いました。もう少し音程高いほうに引っ張られてもいい気がしますね。

サウンド

先ほどの動画ではスピーカーからの音を拾っているせいもあって、一昔前のreFXのSlayer( https://www.kvraudio.com/product/slayer-by-refx )レベルの音に聞こえないこともないですが、実際の音はそこそこいいです。

ノンエフェクト(ドライ)の状態の音は他の競合製品と比べると若干こもり気味で、エフェクトをかましてはじめてブライトな音になります。
サードパーティのエフェクター、LePouのLe456やNI GuitarRig、今はなきCamelCrusher、FabfilterのSaturnを通した音も確認してみたら、まあそうだろうなという特に違和感のない音。
Serum FXのようにエフェクター部分だけ使えるようになったらいいなあ。

追記:H7Sのエフェクター部分のみ単独で使えるようになりました。

» Three-Body Tech – Heavier7Strings (アップデートページ)

ダウンロードが遅い!*

メーカー掲示板にもDLの遅さに対する悲鳴が書き込まれてるのですが、うちも例に漏れず。
引っ越し後に口車に乗せられて重さに定評ある接続コースに変えてしまったとはいえ、転送速度が10Kbps前後とか、軽く絶望します。
SpitfireのAlbion OneもDL完了に4日かかったけど、あれは40GBあるからまだ許せました。

ユーザーが設定しない限りOSやアプリのアップデータが自動的にDLされてしまう昨今。
BGMと称してYouTubeの動画を流しっぱなしで過ごすとか、動画広告がガシガシ流されるとか、帯域が浪費される昨今。
それを踏まえて、うちでも家庭内のネットに制限を加えているのですが…それでも遅い。

DL完了!と思ったらOS純正の展開ソフトでは展開に失敗し、再度ダウンロード。
二度目も展開に失敗のアラートが現れたため、本当は成功してるのでは?と別な方法で展開したら、問題なくインストールまで漕ぎ着けました。参考まで。

ということで、パッケージ版があるならそれを購入するのがオススメです。

メーカーさんはDLに時間がかかることを把握しているなら、コンテンツのDLやアクティベーションに対する期日をもう少し緩めに設定してほしいもんです。

*最近の報道で、ネットがやたら重くなるのは増強工事の負担を押し付けあっているため、とありました(記者の眼 – 「遅くて使いものにならない」という光回線への声、定額制も限界か:ITpro ,夜にフレッツ光が激遅になる問題 解決は当面先になる可能性 – ライブドアニュース)。地方在住の自宅作業者はこの状況だと資料のDLや納品、オンラインレッスンもままならず非常に辛い。
とはいえ海外でも重いという報告があるようなので、そもそも配布側で遅いというのも事実のようです。

操作性 ★★★★☆
レスポンス ★★★★★
音質 ★★★★☆

追記:即日、TBTechからサポートに関するコメントをいただきました。

DLが遅すぎる場合、support@threebodytech.comまで連絡をほしい。別のDL元を紹介する。また、レジストレーションに関する問題も(あれば)連絡をくれれば早急に対応したい。

根本的に遅いのはTBTechのサイトではなく、やりくりしてるElement5のせいだと思うんで、TBTechも大変ですね。

Three-Body Tech ” Heavier7Strings “」への6件のフィードバック

  1. こんにちは、記事を読ませていただきました。
    Heavier7Stringsの購入を検討しており、1点知りたいのですが、この製品のmidiパターンは、RealGuitar系のように、コード(キーでもいいんですが)に追随してくれるのでしょうか・・もし、可能でしたら教えてください。

    1. “simple chord”というコードの検出&指板への反映機能は備わっていますが、”patterns”との連携はないですね。
      patternsは2017年11月現在、打ち込みデモのMIDI情報+音色設定の書庫みたいなもんで、書庫からDAWにドラッグして貼り付けるまでの機能しか持ち合わせていません。
      ◯ドラッグしてきたMIDIデータのリージョンは無名で、書庫からどのパターンを使ったのかわからない
      ◯特定のフレーズをMIDIノートに登録して呼び出す機能は備えていない
      などの報告が開発元のforumにも見かけられましたが、これらへのレスポンスを見るかぎり機能追加にあまり積極的じゃない会社のようなので、あまり期待できないかもしれません。

      1. makou さん
        詳細に教えて頂きありがとうございます。
        やっぱり対応してないんですね・・音の感じもパターンの感じもいいし、ソロも十分いけそうだし・・コード対応されていれば、もっといいのに・・って、思います。
        別音源との組み合わせでの対応を考えてみます。

  2. Thanks for your very detailed evaluation on our product. If your download link from the buying platform is slow, please email us (support@threebodytech.com) with your location, and we will tell you a nearby download site.
    For registration issues, please also contact us if you got any problem in activating the product, and we will response ASAP.

    1. Thank you so much for your quick response.
      I’ll add your support information on this article.

コメントは受け付けていません。