MAKOU.COM

logic pro x tips & some more.

【レビュー】GuDa Audio “EnvelopR”

複雑なトラックメイクにおけるサイドチェーン・ダッキング/ポンピングがDAWに負荷をかけ過ぎるってんで、Nicky RomeroによるKickStartを活用している人も多いと思う。
開発は以前からオーディオやMIDIのオートメーションの簡略化に的を絞ったプラグインを幾つも世に出し、今や大手の仲間入りをしたCableGuys。

【レビュー】Cableguys “Kickstart”

しかしここに来て、CableGuysの一連の製品をひとまとめにしてしまったようなEnvelopRというプラグインが、GuDa Audioというメーカーからリリースされた。
音量だけでなくパンもフィルターも、マルチバンドでの音量、パンをも操作可能にし、エンベロープさえも自由に描画できるというのだから、ただごとではない。

果たしてそのポテンシャルやいかに。試してみる。

Vimeoに上げられたチュートリアル動画からは可能性を感じる。
で、金額はほぼ倍。

  • Kickstart:10€/15$ → 日本円で1,200〜1,700円くらい
  • EnvelopR:29€/$ → 日本円で3,200円くらい

他にどんなソフトを開発しているのかとサイトを見渡してみると正直どうかな?と思うものが多かった(tobybear辺りが元気だった頃のデザインを彷彿とさせる)ため、がぜん不安になってくる。

描画は重め

デモ版だが操作感はCableGuys製のものと大差ない。
ただ描画が…。モードにもよるがプラグイン画面を表示したままだと負荷が結構かかる印象…。
エンベロープをじっくり作り込むにあたっては、どうしても再生させながらいじる必要があると思うのだけど、そうするとこれはイヤだなあ。

S/N比やコスパのように、機能/重さという価値判断のバロメーターがあるとしたら、体感は0.7くらい。
実際、調整してる最中にDAW巻き込んで落ちてっからねえ。

一台何役こなすやら

いいなと思ったのは、パンやフィルター、音量をこの1つのプラグインの中で同時に済ませるようになっていること。
マルチバンドに関しても各帯域で別々に操作可能になっている。
フィルターレゾナンスの利きもかなりよく、クリップしにくいのは非常に良い

ノートトリガーは従来の方式

従来通りのMIDIコントロールエフェクトの使い方

従来通りのMIDIコントロールエフェクトの使い方

Kickstartには、上掲のレビュー記事に記してある通りノートトリガー機能がついていて、4つ打ち以外の音楽にもある程度対応できるようになっている。
Logic Pro X環境下でのAudioUnits版EnvelopRにも似た機能はついているけれども、インストゥルメントトラックにAU MIDI 制御エフェクトとして挿して、ダッキング対象のトラックをサイドチェーンから拾うという一昔前の手法になってしまう。つまり便利になってはいない。

前のLogic Pro Xのアップデートで、オーディオトラック以外にインストゥルメントトラックを指定可能になったため、サイドチェーンの手順はいくぶんラクになっている。
とはいえ、そもそもEnvelopRに限らず原則としてサイドチェーン入力を複数受け取ることはできないので、複数のチャンネルに対してダッキングを行いたいなら、いったんトラックスタックなどの形でBusを使用し、それをEnvelopRにサイドチェーン入力させる他ない。

Kickstartの方式が便利とも言い難いし、Logicの進歩を待つ他なさそうだ。

パラメーター名が未設定っぽい

EnvelopR自体をオートメーションさせようとしたときのパラメーター名称が(主だったもの以外)param_0, param_1となっていて何が何だか全くわからない。
他の色んなソフトシンセ/プラグインエフェクトでもそうだが、こういうときはいったんオートメーションのモードをlatch辺りにして再生して、プラグイン画面上で、オートメーションさせたいパラメーターを少しいじれば、Logicのウィンドウ上でそのパラメーターのオートメーションがアクティブな状態になり、「ああ、これが自分がいじろうとしていたパラメーターか」とわかる。
と言ったって、そのつど恐らくparam_0って何だっけ?となるだろうから、早々にEnvelopR側で対応すべきだと思う。

また、EnvelopRプラグインをプラグイン画面で「コピー」して別なところに挿して「ペースト」しても、エディットしたエンベロープ内容はコピペされない。地味に厄介。

便利で面白さを期待できる面は多々あれど、まだ調整の余地はあるなという印象。
ネガティブな感想に偏ってしまったが、重さを我慢してでも新しい効果を手に入れたいという人にとっては充分に楽しめるものだと思う。

操作性 ★★☆☆☆
レスポンス ★★★☆☆
音質 ★★★★★

カテゴリー:プラグイン

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + five =