“beddy-bye”

島みやえい子さんから持ち掛けがありまして、手作りのライアー(Lyre: 竪琴)サウンドを元にした15分ほどのアンビエント・ミュージックを制作しました。
安眠に誘うという意味合いで「beddy-bye」というタイトルのCDになっていて、横田昭さんとともに1曲ずつ提供しています。
マスタリングも担当しました。

安眠に誘うですが、たとえばiPodやiPhoneをお休みのお供にするとして、これを微小音量で鳴らすという操作は非常にハードなので、全体的に控えめ(一般的なものより3,4割くらい抑えめ)な音量でマスタリングしています。

96kHz, 32bitの録音データの編集がMacにかける負担はかなりのもので、一進一退の日々でありました。
レストレーションソフトRX6でのノイズ除去がここまで大活躍したのも初めてかもしれません。
お蔭でRX6の使い方にずいぶん慣れた気がします。

イベントなどでの手売りとなっています。枚数余れば来春のM3等でも扱われるかもしれません。