【雑記】まこを食す

日頃STARAVIDの広報部長として東奔西走してくれてるS君が所用で札幌に来るというのでSHIHOさんと3人でゴハンしました。
札幌駅南口の続じょっぴん掛るというお店。

日によるのか、上納金を納めなかったのか、Googleと食べログでの評価は抑えめですが、広いスペースに控えめな客席数で特に悪くなかったですよ。しいていえばエレベーターが狭すぎるってくらいか。

「じょっぴん掛る(かる)」というのは北海道の方言で「鍵を締める」「施錠をする」って意味。だけど最近はほぼ聞かないな…。
縞ほっけ、ジンギスカンなど目ぼしいもの頼んで中盤、メニューで目についてカツオの卵巣を注文。白子に対して「真子」というのだそうで。メニューに並んでるのを初めて見ました。
そういや関東だとマコガレイってのもいますね。

今月は卒業式、親戚の来札、来客と外食がわりと立て続いたのだけど、その3度ともふだんあまり飲まない日本酒をいただいたのでした。
この真子がいやが上にも日本酒欲しくなるというか。そういう齢になったんでしょうね。

親戚の来札と書いたのだけど。
毎回顔を出せるわけではないものの、会食をするお決まりの店がすすきのにありまして。
もともとはうちの兄がその友人と行っていた隠れ家的なお店で、以前親戚が来札した折にお連れしたらマスターと妙に馬が合ったとかで、すっかり来札時の定番になったのでした。
お蔭で彼らとご一緒すると、本来一見さんお断りのお店で食事もお酒もたいそうなものをいただけます。
この1年ほど、もらうべきデータがその期限に届かないとか直前になるまで予定が定まらないってことが本当に多く、決算期はさらにドタバタになるので、今回の会食は無理かなあと思ってたんですが、運良く予定を空けることができ舌鼓を打てたのでした。

今期が終わり、じき4月。
げっそり消耗した分を少し補充できたので、また何か新しく開墾したいですね。

オチ? オチなんかないよ。

Connect with!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA