Marie Ork がなかなかアレです

Plogueの軽量歌唱音声合成プラグイン、Alter Ego 用に Marie Ork という女性キャラクターのボイスが登場しました。 2016年のKVR Developer Challengeに出されたものが遂にお披露目となったという経緯らしいです。 Alter Egoとは Alter Egoの歴代歌唱音声はロボット風味が強く、一方で某アレを真似てキャラクターイラストをフィーチャーしているものの […]

Waldorf Quantum が2018NAMM合わせで発売か

2017NAMMでプロトタイプの形でお目見えした Waldorf Quantumが2018NAMMまでに発売になりそう、とSynthtopiaが伝えています。 お値段が50万ほどらしいので、僕としては初夢のネタになる程度かな…。 オシレーターはWavetable, Classical Waveforms, Granular Sampler, Resonatorで、同時発音数が8、LFOが6基。 N […]

CallowHill Bass

The Funky Knucklesというインストバンドその他で一昨年辺りから急に露出の増えたWes Stephenson。 次に時間が空いたらアルバムのタイトル曲”New Birth”を採譜してみようかなと思ってるところですが、ともあれ、謎に思っていたその愛用ベースはCallowHillってとこのでした、という日記。 Wesの弾くベースのメーカー。 映像でも何故かヘッドだ […]

気になった機材関連ニュースなど

案の定、忙しくなってくると気になるニュースが増えてきます。 一個一個追ってる時間まではなさそうなので、ざっとだけリストアップしておきますね。 RA: ニュース: Discogsがアンオフィシャル・リリースの取り締まりを実施 海賊版等の不正なアイテムがマーケットプレイスに出品されていたようで、その取り締まりが強化されるらしい。 VSCO Pro とあるサイトで紹介されていたので音を聞いてみたら、他に […]

潔い手製シンセ、 The Hod Shed Monster Synthesizer

新しい使徒かな。 という出で立ちの荒々しくもシンプルなハードウェアシンセモジュール。そして板。 その名も The Hog Shed Monster Synthesizer 。 171126追記: 製品の開発は中止となったようで、新たに改良版の開発に取り組み始めたそうです。 いわば4chでWavetable(25音色)方式でシーケンサー内蔵のテルミン。 潔くてとてもよい。 動画(追記:削除されたもよ […]

【レビュー】Three-Body Tech “Heavier7Strings”

気になってたメタル系のソフトウェア・ギター音源、 Heavier7Strings を導入しました。 Heavier7Strings いかに? 価格 価格が現在特別価格扱いで2万円程度。 同じ部類の音源に当たる Vir2 Electri6ity がパッケージ版で5万5千円程度、MusicLabの RealEight 4 がエフェクター機能を備えていないこともあって2万円半ば弱、ってのと比較すると、妥 […]

【レビュー】8Dio “1971 Estonia Grand Piano”

以前に気になるってことで取り上げたこともある8dioの1971 Estonia Grand Piano。 作成中の曲のピアノ音色がどうも気に食わないので、Estonia Grandの音を参考にしようとサイトを訪れたときに、40%オフ(だったかな?)の文字が目に入り、セール終了まであと2時間ってタイミングでいきおい手を出してしまった。 残念ながらセールはもう終了してる。というか、こういう商法がすっか […]