逆 KeyFollow の鍵盤のこと

鍵盤上がっていくにつれ音程が下がるという逆 KeyFollow 設定は今じゃ当たり前にできますが、当初は驚きをもって迎えられたもんです。ただ使う場面がなかなかない。 40代以上の方ならJoe Zawinul(ジョー・ザヴィヌル)がWeather ReportのBlack Marketという曲でこの設定でメロディを奏でているのを見たことあるんじゃないでしょうか。 僕が初めてこの映像を見たとき、単に映 […]

DSI Prophet X はPCMを搭載しようとしてるのかな

DSI Prophet X なる新機種にPCM音源が搭載される雰囲気。 そのPCMデータを8DIOが提供していることも、話題になっています。 何より先に、DSIのシンセのシリーズといえば優れたアナログサウンドが最大の魅力なわけで、 たとえばFunk Apostlesの”じゃないほう”のNick Semradなんかは完全に使いこなしてレトロかつ新鮮な空気の醸成に成功してます。 […]

Shure がフォノカートリッジの生産を停止

レコード再流行の兆しってニュースが繰り返される中、 Shure がこの夏でフォノ・カートリッジの生産を停止するという報せが。 Shureってそんなの出してたっけ、とレコードに馴染みの薄い自分は一瞬思ったりもしましたが、写真を見ると、おお、たしかに見覚えがあります。 実家で見たのか、それとも貸したまま返らず事務所で廃棄物扱いされていたかつての(本当は今も)自分の所有物で見たものかちょっと定かじゃあり […]

Gibson と Tronical 、係争中

Gibson の経営状況の悪化は既報の通り。 G-Forceという自動チューニング機能付のギターが話題になって、そのテクノロジーを開発提供している Tronical 社から訴訟を起こされています。 【ハンブルク(ドイツ)2018年4月24日PR Newswire=共同通信JBN】特許権を有するギター用Auto Tuning Systems(オートチューニング・システム)の開発・製造で世界をリードす […]

70年代の中国の電子楽器すげえな

CDMで紹介されていた、リボンコントローラを備えた70年台の中国の電子楽器が、ふつうにかなりイカす。 サムネを見ると70年代でこんなにコンパクトな楽器になっているのかと思ってしまいそう。 が、動画見ておわかりいただける通り、これは楽器の全貌のうちの一部で、奏者から見て筐体の左側ににょっきりと飛び出た竿、これがサムネですね。 バグパイプの極端なやつみたいな感じ。 がたいのわりにシンプルな音しか鳴らな […]

Apple がハイエンドヘッドフォン分野に参入との噂あり

InnerFidelityが、Bloombergによる「 Apple Turns Up Audio Ambition With High-End Headphones 」との報道を受けて反応しています。 Beatsを買収してまだ4年、またBloombergが伝える「既にHomePodが一定の評価を得、防水効果やHey Siriへの応答機能を備えたAirPodへのアップグレードを準備中なはず」な状況 […]

Reality Decks

Reality Decks なる VR 式のターンテーブルが、 Oculus Rift 対応で登場したみたい。 Oculus Riftは現在セットで¥50,000。Reality Decksは¥1,690。 はじめは以前の雑記で記した TOUCH INNOVATIONS のさらにパネルまで要らなくなった版かと思ったんですが、あくまでOculus Riftで動くVRのソフトウェアってことみたいです。 […]

【動画ネタ】180223

もっぱら資料収集の目的ですが。 Bomba とあるアレンジをしていたときに、3,3,2のリズムがどうもCalypsoやReggaeton、初期のハウスなど気温高めな印象に聞こえてしまうため3,2,3に変えたのですが、そういやBombaってリズムはどういうときに使うんだと思って調べました。 あと流れでPlenaとCandombe。 Viscount Legend Organ Joey DeFranc […]

the PIPE がなんだか微妙

声をシンセに変えるぜ的な新しい楽器 the PIPE が登場。 んー、期待していたのとベクトルが違うかな…。 機能がいろいろあるように見えて端々が惜しく、今のところ変声機の域を出てない印象があります。 せめて、次の3点が改善されれば爪痕を残せたのではないかと思うのですが。 コンタクト・マイクでなくふつうのマイクなら BPMとの同期 リバーブの質の向上 ある種の映像美については以前日記にも記したのだ […]