Kontakt : ロード時間の短縮

Kontaktに新しくサードパーティ製の音源を追加したときなど、Instrumentsのロード時間がとてつもなく長くかかる場合があります。 制作作業中だと萎えちゃって、そのタイミングで休憩に入った挙句、なかなか制作再開しないなんてことも…。 たぶん、この日記で紹介するまでもなく実践してる人も多いかとは思うのですが、いちおうご存知ない方向けに。 Libraryペインのほうに読み込まれる音源でもQui […]

Marie Ork がなかなかアレです

Plogueの軽量歌唱音声合成プラグイン、Alter Ego 用に Marie Ork という女性キャラクターのボイスが登場しました。 2016年のKVR Developer Challengeに出されたものが遂にお披露目となったという経緯らしいです。 Alter Egoとは Alter Egoの歴代歌唱音声はロボット風味が強く、一方で某アレを真似てキャラクターイラストをフィーチャーしているものの […]

【採譜】Return of the Brecker Brothers “Above & Below”

ずっと気になりつつ知らないふりをしてきた、Return of the Brecker Brothers “Above & Below”(カタローニャでのライブ)をいよいよやんわり採譜しました。 George Whittyのキーボードソロにポカンとしたのはまだ大学のバンドサークルにいた頃。20年以上昔の話です。 テーマ部分のコードが、もわっとした音色のためよくわかりま […]

【レビュー】Sampleso “Floppytron”

某所で紹介されていて気になったので、Samplesoというメーカーの Floppytron を試してみました。 少しおもろい変な音、という括り。 数年前に話題になった、フロッピーのドライブで音楽を奏でるというアレのサンプリング音源です。 興味ない方には全く興味のわかないものかもですね。 こういうやつ。 音色(ねいろ)としては若干センの細いエレクトロハウスかダブステのベース、または状態の良くないアル […]

Tone2 Icarus 1.5がいい感じ

12/1に更新すると思ってたSpireですが、海外記事を誤読していて更新日が実は不明でした。 と、その隙に Tone2 Icarus が1.5にアップデート。 Spireの1.3アップデートで機能がついにSerumを追い越したと書いたのに、IcarusはIcarusでまた絶妙なラインを攻めてSpireをパスしていったもんです…。 両者の攻めるラインがばっくり割れましたんで、キャラかぶりはほぼ無くな […]

Waldorf Quantum が2018NAMM合わせで発売か

2017NAMMでプロトタイプの形でお目見えした Waldorf Quantumが2018NAMMまでに発売になりそう、とSynthtopiaが伝えています。 お値段が50万ほどらしいので、僕としては初夢のネタになる程度かな…。 オシレーターはWavetable, Classical Waveforms, Granular Sampler, Resonatorで、同時発音数が8、LFOが6基。 N […]

Spire 1.1.13 アップデート近し?

明日12/1、Spireのアップデートが登場するようです。 セール終了が12/1ってのを誤読してました、すいません! Spire 1.1.13 のアップデートが近いようです。 あんまり期待はしていなかったんですが、動画での告知を見ると、機能追加とバグ取りの面で地味に大きな進歩を感じました。 個人的には、今回のアップデートでシンセとしてのステータスはSerumを追い抜いた感あり。Serumは残念なが […]

【小ネタ】SideChain Dynamic EQ

Neutronあれば一発でできますが、EQをサイドチェインでカットしたりする工夫。 つまり手動のSideChain-ed Dynamic EQ。 今さらな気もしますが一応。 なんか打ち込む 白玉の和音を打ち込んでおいて、4つ打ちをサイドチェインで拾うことにしましょうか。 逆相でセンドし、EQをかけ、Duckerを使う センドした先でGainをインサートし、逆相に設定。 さらにEQをインサートして、 […]

【レビュー】BLINKSONIC° “PROCESSORZ°v_2”

Reaktor6のユーザー向けにフリーで配布されているマルチエフェクトプロセッサー、BLINKSONIC°のPROCESSORZ°v_2がかなりいい。 iZotopeのStutter Editに似た位置付けながらユニークなエフェクトとフレキシブルな操作感、何よりフリーというのが有り難い。 そのStutter EditやNIのThe Fingerなどと同様に、入力をサイドチェーンから引っ張ってこなく […]